sicily.png

種々の条件(or操作)でプレイ可能になる、イタリア半島都市国家。

パレルモ(城)・ナポリ(大きな町)の2拠点からのゲーム開始になる。

map_sicily.jpg

ヴェネチア・ミラノ・教皇庁に続く第四のイタリア半島国家。
ご多分に漏れず、強力なイタリア市民槍兵や大盾クロスボウ民兵が無料維持可能。

他のイタリア国家とは異なり、後期に強力な重騎兵を雇用できる。
(下馬)封建騎士代替ユニットとして、(下馬)ノルマン騎士を雇用できる。
ノルマン騎士は修道院系騎士団などの鈍足騎兵とは違い、中速と言う特性を持つ。
弓兵および重歩兵の質も高く、かなり強力な軍事力を持つ国家である。

海に囲まれた立地である為、中々序盤は難しい。
兵を輸送するのにいちいち艦隊を利用しなければならず、艦隊を攻撃されたら一気に兵が孤立したり
最悪軍隊ごと船が沈んで損をする場合もある。
何より、艦隊は騎兵並みの雇用・維持費が発生する…かといって艦隊編成を少なくすると、港を封鎖されるリスクも高まる。

戦略

序盤の一手

南部方面(アフリカ大陸)に船出

最もリスクの少ないルート。

首都パレルモ対岸の、アフリカ大陸の拠点チュニス(木の城郭・4部隊)は何処の勢力からも遠く、シチリアの為に用意されているような領土。

更に東にはトリポリ(モットと柵・反乱兵4部隊)、西にはアルジェ(ムーア領・木の城郭)。これらの拠点はやや距離が開くが、序盤の内に奪取しておけば、他勢力が触手を伸ばして来る心配はやや少ない

それまでに発展を頑張れば、中盤以降には自衛できる位の強靭さは身につけられる。

問題は城と都市の割り振り。流石に都市ばかりでは(下馬)ノルマン騎士が出せずに中盤以降苦しい。

首都のパレルモが初期から城なので、礼拝堂や農場の建設、高い騎士道の将軍駐留などで初期から城塞を作る事は可能だが…パレルモは都市にした時の利益も大きい。

かと言ってアルジェやトリポリでは遠すぎるし、別の城を育てるなら選択肢はチュニスだろう。だがここもいずれは都市にしたい。

東部方面(バルカン半島)に船出

パレルモ・ナポリの兵士をドゥラッツォやラグーザ、または迂回してコリント方面に送る。

ヴェネチアやビザンティンとの開戦の流れになるが…ヴェネチアは領土が分散しているのであまり怖くない。

ビザンティンを敵に回した場合は敵の懐が深い為、戦争は長期化する。

最上はドゥラッツォの村(3部隊)を陥として、そこを起点に北に伸び、ヴェネチアに攻め込んで行く感じだろうか。

ドゥラッツォからはしばらく兵が出せないので一時的に城にしてしまうか、ナポリからの民兵部隊を増援として送らなければ進撃は難しいが。

アドリア海に艦隊に載せた軍を待機させておき、ラグーザから兵が出た所を狙うのも良いだろう。
艦隊を上手く使って、バイキングさながらの奇襲戦法を取れば有利に進められる。

北西部方面(アジャクシオ・カリアリ)に船出

シチリアでプレイすると手を出したくなる土地だが、他の勢力の戦略指針でも述べているとおり先にこの2島を獲ってしまうのはリターンよりリスクが大きい。

周辺各国の攻撃目標にされやすく、しかも島に拠点は1つなので援軍も送れず防衛費が嵩む為である。

とにかく、やたらに上陸してくるのだ。

少なくともこの2島に向けて発艦できる領土を持つ勢力が存在する内は、例え他国に獲られても放置しておくのが良いだろう。

拠点の発展も他国の金で進む、獲るならある程度大きくなってからの方が戦略的…

城塞になると下馬封建騎士が出て来るので、その前には陥として置きたいが。

島の対岸が全て自国領(または同盟国領)になれば、手に入れても攻め込まれる確率はぐっと減る。

2島とも城系なので、手に入れたらすぐに都市転換してしまおう。

中盤〜

アフリカ大陸の支配拡大

チュニスから東西に伸びる事になるが、この選択で得られるものが変わる。王道の西進ルートはムーアとの開戦が不可避。

船での迂回強襲やスパイの報告から、なるべく戦略的に有利になるように心がけよう。戦力の補充も距離が遠いので一苦労。

艦隊もある程度まとめておかないと、敗走させられたり沈められたりで計画がご破算になる。

首尾よくマラケシュまで手に入れられたら、イベリアに進むか南下してティンブクトゥを目指すか…

宗教による治安の問題もあると思うので、ある程度改宗が進むまでは、ジブラルタル海峡を封鎖して内政に務めよう。

その片手間で、先んじて商人やスパイをティンブクトゥに送り込んだり、騎兵を先行させたり。

東に進む場合、聖地が近くなる為エルサレムに対する十字軍が発令された時に大きなアドバンテージを握れる。

ただ、トリポリからアレクサンドリアはとんでも無く遠い。船を使っても5ターン以上かかる。

援軍を送るのも現実的では無い為、トリポリ止まりが関の山だろう。

それでも東に進むなら、イラクリオンやコリント、ロードスなどの中継地点が必須。

十字軍に上手く乗っかれれば、大量の兵を現地でも雇用でき、一気に足掛かりを築くチャンスであるのだが…

早々都合よく十字軍は起きない。教皇様にせっせと貢いで機嫌を取り、十字軍提唱するのが無難な方法だろう。

小アジアへ伸びる

教皇様から文句は言われないが、宗教の違いの為苦労すると言う別な面でストレスフルな戦略方針。

対する敵はビザンティン・トルコになるが、先ず狙うべきはコリントの城か。

当然ドゥラッツォは手に入れておこう。城・都市系の両方の拠点を持てば、建築物の発達度合いにもよるが満遍なく兵が出せる。

コリントを手に入れたらそのまま北上、テッサロニカを手に入れる。この段階で最も激しい抵抗を受けるだろうが、戦略で上手くカバーしよう。

ビザンティンのもっとも恐ろしい兵種は弓騎兵にあり、特にバルダリオタイは野戦では無類の強さ。

此方が万全の態勢でも遠くから周回射撃で攻撃されると中々減らせない。

此方に機動力のある兵がいないと、不意に突撃して来たりしてウザいことこの上ない…

兎に角、弓騎兵がいるなら野戦は避けること。出来れば拠点に篭っている所を叩きたいが…

ここでもやはり、船での迂回強襲とスパイの索敵が重要。敵の裏をかけるように動こう。

テッサロニカを手に入れられたら、すぐにコンスタンティノープルに向かわずに北のソフィア城を狙おう。

ハンガリーが手に入れていれば争うべきでは無いが、ビザンティンが手に入れていた場合は弓騎兵雇用を絶つ為に潰しておくべき拠点。

反乱拠点のままでも、安全を見て奪取しよう。コリントを代わりに都市化出来るようになる。

ここまでくれば盤石、万を持してコンスタンティノープルを攻め、小アジアに進軍しよう。

イタリア半島統一

イタリア半島北側の各拠点は、教皇庁のおわすローマが壁になっている為非常に手が届きにくい。

シチリアは破門覚悟でいきなりローマを攻め取れる位置にあるが…確実な破門と、その後にくるかもしれ無い十字軍のターゲッティングを考えると

無謀この上無い。

兎に角、教皇庁に喧嘩を売るならその時の自国の強さをよく把握してから判断しよう。

教皇庁を迂回して行く場合、西側からミラノを攻めるか東側からヴェネチアを攻めるかのどちらかになる。

それぞれアジャクシオとラグーザが侵攻拠点になる。いきなり長距離の行軍は無謀、しっかりと足場を固めてから攻めよう。

その後、教皇庁を包囲する形になれば、攻めても良いが…

やはり外にはまだまだ多くのカトリック教国(フランス・神聖ローマ・ポーランド・ハンガリー・スペイン・ポルトガル)がいる。

十字軍に参加したがっている勢力は山といるので、破門覚悟の時はこれらの勢力全てが敵になると考えよう。

建築と雇用可能兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
イタリア民兵
小都市
イタリア市民槍兵
大都市
大盾クロスボウ民兵
巨大都市
-
高等建築
-
先進建築
-
夜警詰所
イタリア民兵
哨兵詰所
イタリア市民槍兵
市衛兵舎
大盾クロスボウ民兵
民兵演習場
ハルバード民兵
民兵舎
射撃手・パイク民兵
陸軍兵舎
火縄銃兵
-
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
臼砲・オルガン砲
大砲鋳造場
鋳造砲
--
-
ガレー船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--
--石工ギルド
イタリア市民槍兵
上級石工ギルド
ハルバード民兵
石工ギルド本部
パイク民兵
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--
--商人ギルド
騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

城系

モットと柵
農民・騎馬従士
木の城郭
鎖かたびら騎士

-
城塞
(下馬)ノルマン騎士・農民弓兵・槍兵従士
大城砦
騎士道騎士
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
槍兵従士
演習場
重装長槍兵
兵舎
-
武器庫
下馬ランツェ・スペッツァーテ
丸盾剣士
--
-厩舎
騎馬従士
騎士厩舎
鎖かたびら騎士
男爵厩舎
ノルマン騎士
伯爵厩舎
騎士道騎士
--
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
イスラム弓兵
弓射撃場
大盾クロスボウ射手
上級射撃場
騎馬クロスボウ射手
--
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
臼砲・オルガン砲
大砲鋳造場
鋳造砲
--
-
ガレー船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--

ユニーク建築

  • 芸術家のアトリエ(大都市)/画廊(巨大都市)

    …人口増加・治安ボーナスの他、建築立ち会い・待機時に多くのボーナス。

     Aesthetic(洗練された嗜好)・Cultured(教養のある)・Epicurean(快楽主義)・ExpensiveTastes?(浪費家)・Gamble(賭けごと好き)など…
     プラス・マイナス両面に効果がある特性が多い。

     また芸術家(治安・人口増加率にボーナス、賄賂の費用が低下してしまう)や、ユニーク従者が待機時に付く事も。

ユニット紹介

イスラム弓兵

#sicilian_muslim_archers.png

直/間の攻撃力が9/11と高く、総合守備も10ある、かなり強力な弓兵。
射撃練習場(城)から出せる為、比較的初期から雇用可能。雇用は550と高めだが、維持は125と性能の割に安め。順次数を増やしていこう。

スペックだけみればイングランドの自由民弓兵をも上回る。
AP効果が無いのが欠点だが、鎧を着ない相手に対してAP効果は無意味なので、重装甲の出そろわない序盤で有利。長射程も相まって、散兵としてとても有用。
ただ、鎧は薄く、守備の半分は回避技能で補っている為、射撃には弱い。

一段回上の、弓射撃場にUGするとこれまた有用な大盾クロスボウ射手が雇用できるようになる。
複合弓とクロスボウと、シーンにあわせて使い分けよう。

丸盾剣士

#sword_and_buckler_men.png

大城砦に武器庫を建設する事で、下馬ランツェ・スペッツァーテと共に雇用できるようになる重歩兵。

下馬ノルマン騎士と比較すると、丸盾剣士の能力はこれとほぼ同等で、丸盾剣士のほうが維持費が75安い。
ちなみにスペイン・ポルトガルで雇用できる丸盾剣士と性能は全く同じ。

しかし、城塞を建築するだけで雇用できる下馬ノルマン騎士と比べ、丸盾剣士は雇用までに建築への投資を要する。
それも兵舎(4800)に武器庫(9600)と、かなりの額。

下馬ランツェ・スペッツァーテはやはり高攻守は持つが士気が低く、維持費も高め(225)。こちらは雇用費が少し安い。

下馬ノルマン騎士

#dismounted_norman_knights.png

城塞にUGするだけで騎兵とセットで雇用できるようになる、下馬封建騎士代替ユニット。能力地は全て下馬封建騎士と同じ。

シチリアは序盤からイタリア市民槍兵・大盾クロスボウ民兵と、イタリア都市国家特有の強力な兵が出揃うが、民兵たちでの城攻めは、やはり心許ない。
城塞さえ確保すれば手に入るこのユニットが居れば、拠点攻めが一気に楽になる。

常に一定数は前線に確保しておきたい。

ノルマン騎士

#norman_knights.png

封建騎士の代替ユニットでありながら修道院系騎士に匹敵する能力を持つ、きわめて強力な重騎兵。修道院騎士より突撃値が2ポイント低いが、それ以外の能力値は同じ。

城塞が有るだけで雇用できるため、シチリアは騎兵力も抜群。

特筆すべきは脚の速さ。後期に現れる重騎兵(封建騎士〜)はだいたいこれが犠牲になっているので動きが鈍いが、ノルマン騎士のそれは鎖かたびら騎士程度の中速。将軍にも追い縋れる貴重な脚力を持つ。

鋳造砲

cannon.png

カルバリン砲やバジリスク砲などの上位火砲グループの一つ。射程は380mとカルバリンより45m短いが、対建造物ダメージは30増えて250。

充分上位砲として使えるスペックではある。

モンゴル・トルコを除くイスラム諸国は全てこれが最高級の大砲となる。西欧ではシチリアの他、教皇庁とポーランド、デンマークはこれが最高の砲。

他の国はバジリスクやカルバリンを保有出来る。ビザンティンは射石砲のみ….


添付ファイル: filemap_sicily.jpg 178件 [詳細] filecannon.png 190件 [詳細] filesicily.png 183件 [詳細] file#dismounted_norman_knights.png 160件 [詳細] file#sicilian_muslim_archers.png 170件 [詳細] file#norman_knights.png 185件 [詳細] file#sword_and_buckler_men.png 174件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-03 (月) 23:09:45 (1111d)