tlaxcalans.png

アメリカキャンペーンで、一度キャンペーンをクリアすると使用可能になる、太陽神を崇拝する勢力。

首都トラスカラのみのスタートとなり周りをアステカに囲まれ絶体絶命。だが初期兵力は非常に多く、しばらくは局所優勢を保てる。

兵種はアステカとほぼおんなじ。建築や発展もおんなじで、鏡に映ったアステカのような勢力。

map_tlaxcalans.jpg

上でも述べたが、とにかくアステカ包囲を打ち破らねば始まらない。

初期兵力を効率的に利用して、どんどんアステカの領土を奪って行こう。首尾よくいけばいつのまにか

アステカ帝国はトラスカラ部族に治められているはずだ。ブリタニアキャンペーンの諸侯同盟の様な

感じでのプレイが出来るだろう…あちらも似たような立ち位置の勢力だ。

「用語辞典(新世界)」にも割と詳細な情報が載っている、そちらも併せて参照されたし。

戦略

アステカ包囲を打ち破る

トラスカラは、まずアステカを打ち破らねば話が進まない。

こちらの初期配備兵力は諸々合わせて58部隊、うち戦士長が4部隊。首都トラスカラに守りを用意する必要は無い。

治安維持に必要なだけ残して、3軍ないし4軍の侵攻隊を編成しよう。傭兵は雇えないので兵力の磨耗には注意。

まぁ、適度に磨耗させないと逆に維持費で財政が圧迫される訳だが…ともかく、トラスカラ周囲のアステカ拠点を速やかに攻めよう。

トラスカラの南東にテウアカン(大きな町・5部隊)、ここはその後の防衛を考えても、10部隊程度+戦士長の編成で陥落させられるだろう。

トラスカラの真南には反乱拠点のチョルラ(大きな町・11部隊)、ここはまだ攻めなくても良い。他に兵力を回そう。

トラスカラ南西にはウアステペク(町・9部隊)、ここは、その後の増援対処も考えて15部隊+戦士長の編成程度で攻めるのが好ましい。

そして、トラスカラ真西すぐの、アステカ帝国首都テノチティトラン。ここに残った兵力全てを注ぎ込もう。フルスタック+αで攻められるはずだ。

3方いずれの拠点も、攻城兵器を組み上げて、次のターンには確実に陥落させられるようにしたい。

とにかくスタートダッシュが肝心。が、テノチティトラン方面は、後方から強力な大規模援軍が来る可能性が高い。

テウアカンとウアステペクだけでも確実に奪うようにしよう。これら2拠点も、さらに先の都市から援軍が出てくる可能性はあるが

規模が小さいため、大した軍が出てくることはあまりないだろう。

最悪、テノチティトランに跳ね返されたら、他方面のアステカ領土を先んじて奪取してしまう戦略もありだ。

拠点に大量の敵が籠もって出てこない場合は、こちらも大軍を以て攻めよう。

ただし、一度の戦闘には20部隊までしか参加できない。援軍として別のスタックを控えさせておこう。

それもCPU操作を許可せずに、プレイヤー操作で動かせるようにしておくべし。先陣を壊滅するまでこき使ったあとに

戦士長以外を撤退させて新しい軍を入れれば、新たに戦力MAXで拠点攻めを継続できる。兵の数が多いほど、成功率は高まるだろう…

援軍をCPU操作にして20部隊以上で同時にかかっても良いが、拠点攻めゆえ相手は敗走しないし、援軍CPUもなかなか動きを読みづらい。

やはり、分隊として手動で動かした方が確実だろう…

東へ…VS 新スペイン

トラスカラのすぐ東には、コルテスの上陸した新スペイン拠点のベラクルスが存在する。

ここに詰める新スペインの初期戦力は17部隊程。これにターン経過で、拠点から出る下馬コンキスタドールなどが加わる。

また、傭兵も雇用して急激に戦力を膨れ上がらせる場合もあるので注意。

彼らの行動パターンは3つ。西進してトラスカラ・アステカの領域に侵入してくるか、南進して反乱拠点やアステカ領土末端部を荒らし回るか、

もしくは東進してマヤ帝国を攻めるか。

西進、つまりこちらに向かってくると、アステカ攻めに余計な手間が加わってしまう。なので新スペインとは早々に同盟を結ぼう。

その上で、適当な弱小部隊でベラクルスに通じる1マスの峠道を封鎖してしまおう。同盟が効いているなら通せんぼしている部隊に

攻撃はしかけてこない…はずだ。おまけに、宣教師の侵入も防げるので無用な宗教的不穏も抑えられるだろう。

アステカを大凡片付けたら、軍備を整えた上で新スペインを攻めよう。

やはり、正規兵は強力。倍する数を以て戦いに挑まなければ勝利は難しいだろう…

西へ…VS タラスコ

新スペインを無視し、西部方面へと中央アメリカを進むと、タラスコと合間見える事になる。

タラスコはアステカやトラスカラと非常に良く似た勢力、…と言うかカラーリングが違うだけである。

タラスコの初期領土は首都アパツィグナンにサカブ、加えてすでに平定済みの周囲の反乱拠点が加わる。

周辺勢力との戦いで兵は使っているだろうが、それでも土着勢力の為大軍VS大軍の戦いになるだろう。

アステカともう一戦交える位の準備で行けば問題無い。常にフルスタックで進軍し、可能であれば背後に予備兵力を付けておこう。

土着勢力は(出征時のアパッチ以外)傭兵を使えない、兵力補充は全て拠点からの雇用となる…

タラスコの中枢に斬り込むには、アステカ首都テノチティトランの北西拠点のトゥーラから真西に進めば良い。サカブがすぐに見えるだろう。

もしくはアメリカ大陸南岸沿いに進軍すれば、首都アパツィグナンに行き当たる。どちらのルートから攻めるかは自由だが

兵を送る関係上、北のサカブから攻めるのが楽で良いだろう。勿論2方面同時侵攻でも良いが…

片側のみの侵攻にとどめる場合、もう片方のルートからはタラスコが攻めてくる場合がある。攻め込まない側の守りはしっかり固めておこう。

タラスコの領土は、アステカ程では無いが、金・銀・タバコ・チョコレートなど高価な特産物が目白押しだ。

速やかに貿易広場や鉱山を設置すれば、更なる富を手に入れる事が出来るだろう。

それで兵力を増強し、北のチチメクと戦うか、東に進んで新スペインを追い出すかは自由だ。

が、中盤には中央アメリカの東岸、旧アステカ領のトゥクスパン近くに新スペインのコンキスタドールが上陸することは覚えておこう。

雇用可能な兵種

※トラスカラも、アステカ同様拠点の建築制限解除に他の建物が関与し、少し複雑。

※ドクロ棚は建築できるが、矢の戦士が雇用出来無くなっている。また、コヨーテ神官互換のケツァルコアトルの僧侶が一段階上の建築からの雇用になっている。


農民
大きな町
トラスカラ槍兵
小都市
トラスカラ戦士
宮殿
トラスカラ弓兵
大宮殿
トラスカラ投槍兵
アクロポリス
-
ピラミッド
トラスカラ槍兵
大ピラミッド
トラスカラ戦士
太陽の神殿
ケツァルコアトルの僧侶
チュアチク
-球技場(※1)
ワシ戦士
大球技場
ジャガー戦士

(※1)球技場の建設には「ピラミッド」が必要。

ユニット紹介

トラスカラの兵種構成は、「矢の戦士」が使用不可能になっている以外は全てアステカと同じ。

アステカ戦士⇔トラスカラ戦士、アステカ槍兵⇔トラスカラ槍兵、アステカ投槍兵⇔トラスカラ投槍兵、アステカ弓兵⇔トラスカラ弓兵

そしてコヨーテ神官とケツァルコアトルの僧侶がほぼ完全互換。雇用維持費が微妙に違う物も多いが

基本的に攻守士気・突撃値・特殊能力や編成数は同じ。

傭兵ユニット

トラスカラと同盟を組んだカトリック勢力のみ、以下のユニットがトラスカラ勢力圏内で雇用可能になる。

アパッチは共通の傭兵しか雇用できない。詳しくは「傭兵(新世界)」を参照。

トラスカラ戦士

tlaxcalan_warriors.png

トラスカラの下級戦士。

攻守7/10と、土着戦士よりやや強いがやはり士気は低い。おまけに編成数も120人部隊と縮小している。

基本的にスペインプレイでアステカを攻撃する時に、土着傭兵や土着戦士のかさ増しをする程度の役割しか果たせないだろう。

トラスカラ弓兵

tlaxcalan_archers.png

トラスカラの下級弓兵。

やはり、土着弓兵よりは強化されているが、守備が7上がっているだけ。あまり強化されていると言った感じではない。

一応土着傭兵並の近接は可能になっているので、便利と言えば便利か。

これも、新スペインプレイ時の補助兵種としての地位くらいしか占められないだろう。


添付ファイル: filemap_tlaxcalans.jpg 154件 [詳細] filetlaxcalans.png 159件 [詳細] filetlaxcalan_archers.png 151件 [詳細] filetlaxcalan_warriors.png 161件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-29 (火) 08:03:03 (2181d)