turks.png

種々の条件(or操作)でプレイ可能になる、アナトリア半島所属のイスラム国家。

首都モスル(木の城郭)・内陸のエレバン(大きな町)・カエサリア(城)・イコニウム(町)の4拠点から始まる。

東西に領土が長く、周辺はニカイア以外は全て反乱拠点。序盤はストレスなく拡張が出来る。

map_turks.jpg

スコットランドやデンマークと対照的に、飛び道具は豊富だが重歩兵が脆弱な国家。

イングランドやモンゴルに近く、その特性から野戦は得意だが城攻めは苦労しやすい。

また得意の飛び道具も、投槍やクロスボウの様な威力の高いAP武装では無く通常の弓が主流。

この為、西側の重装ユニットには苦戦を強いられることが多いので注意しよう。

周囲は反乱勢力ばかりでのんびり侵攻しがちだが、実はそんな余裕は無い。

中盤以降は十字軍・モンゴル・ティムールと、強敵イベントが目白押し。

可能な限り速やかに周辺を征圧し、彼らの襲撃に備えよう。

トルコは城は勿論、都市からもサラセン民兵やイェニチェリ重装歩兵といった重装備の槍兵や、杭が使えるイェニチェリ弓兵が出るので騎兵にはかなり強い。

戦略

序盤

周辺反乱拠点の制圧

トルコ領土から近い反乱拠点は6つ、そしてビザンティン領土のニカイアが最西領土のカエサリアと接する。

ニカイアから時計回りにトレビゾンド(木の城郭・4部隊)、トビリシ(木の城郭・4部隊)、バグダッド(小都市・6部隊)、エデッサ(大きな町・10部隊)

アダナ(モットと柵・6部隊)、スミュルナ(モットと柵・5部隊)。

取り合う相手が殆どいないので、ゆっくり拡大して行こう。

長期戦略的に行くなら、南はエルサレム(小都市・10部隊)をいきなり遠征して奪おう。ジハードを利用しても良い。

ここを奪うことでエジプトの北上を阻止でき、そこから北をゆっくり制圧することができる。

同様にスミュルナも先んじて奪っておけば、ビザンティンの小アジアにおける伸長を封じ込められる。万一進軍してきたらそれは開戦の意思があると言うことだ。

後の積極的攻撃の妨げになるが、この封じ込め戦略を採るのであれば封じ込め対象国と同盟を組んでおけばさらに効果的。

必然的にこちらには進軍して来なくなる…はずだ。

レバントの支配

エルサレムなどの聖地周辺拠点は地中海東部貿易の要となる。

アンティオキアは特に利益の多い拠点、ただし周辺拠点との充分な貿易がなされていればのはなしだが。

その為にはもう少し先まで拡張する必要があり、ガザまでは手に入れておきたい所だが…

そこから先は初期からエジプトの領域となる。とりあえずエルサレムまで手に入れてしまおう。

ただし、この辺りは十字軍のターゲットになる可能性が非常に高い。エルサレム以外にもアンティオキアなども狙われる。

十字軍発動は予見出来ず、兆候もない。唯一分かるのは「十字軍終了後の次の十字軍は、10ターン程度必ず間が開く」と言うことくらいか。

十字軍が発動されれば、だいたい軍隊の来襲まで5〜10ターンの猶予、それまでにとにかく守兵を集めることになる。

または、暗殺者で十字軍将軍を殺してしまえばその部隊は歩みを止める…配下はそのまま残るので処理が必要なのだが。

十字軍に参加した時点で既に開戦状態なので、近くの拠点にターゲットが移るだけの場合が多い、どちらにしろ戦いは避けられないだろう。

船でやってきている所を補足して沈められれば良いのだが、移動力倍なのでそれも難しいだろう…

とにかく、十字軍のターゲットになりそうな拠点を獲るならその覚悟はしておこう。

中盤

エジプトと仲間割れ

スペインとポルトガルの様に、またイングランドとスコットランドの様に、トルコとエジプトは同じパイを食い合うもの同士である。

エジプトの領土をそのままいただければレバント貿易を独占できることになる。

相互貿易権の締結では得られないような利益が得られる…その為やはりエジプトを攻め滅ぼしたくなる。

イスラム教国の場合は同宗を攻めても、評判は下がるがカトリック教国の様に破門されたりはしない。

積極的に攻撃しない理由が無い。

よほどビザンティンなどとの交戦が激化したりしていない限り、南方にまず侵攻するのが鉄板だろう。

エジプトをうち破れば、その後周辺から攻められる心配は無い。

ただし、十字軍やモンゴルのターゲットになるのはほぼ間違いないが。

ビザンティンを滅ぼす

アンティオキアと同じく、コンスタンティノープルやニカイアも貿易収入が素晴らしい拠点である。

無論、その先のテッサロニカ辺りまで手に入れて貿易ネットワークを構築し、人口も増やし、建築の整備を済ませたら、の話だが。

やはりその為にはビザンティンとの開戦が欠かせない。ここを何とか獲れればトルコ帝国の経済力は一気に上向くだろう。

また絹織物の商人による商取引収入もバカにならない。

ビザンティンとの戦いは弓騎兵に苦戦するだろう。これが中盤以降にずれ込むと重装歩兵も加わり更に苦戦することになる。

対抗策としてはこちらも弓兵や弓騎兵を出すしかない。拠点攻めにおいては更に苦しい戦いになる。

野戦での勝利やスパイ・暗殺者の利用などの搦め手なども駆使しよう。城を優先的に狙うのも忘れずに…

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
市民兵
小都市
投槍民兵
大都市
サラセン民兵
巨大都市
-
高等建築
-
先進建築
-
公会堂
-
評議会
-
市庁舎
イェニチェリ重装歩兵
スルタンの宮殿
-
---
夜警詰所
市民兵
哨兵詰所
投槍民兵
市衛兵舎
サラセン民兵
民兵演習場
ハルバード民兵
民兵舎
射撃手
陸軍兵舎
イェニチェリ弓兵
王室兵舎
イェニチェリマスケット銃兵
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
大射石砲
大砲鋳造場
鋳造砲
王室兵器工場
巨大射石砲
-
-
ダウ船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
バグラ船
--
--石工ギルド
投槍民兵
上級石工ギルド
ハルバード民兵
石工ギルド本部
-
--
--暗殺者ギルド
ハシシン
上級暗殺者ギルド
-
暗殺者ギルド本部
-
--
--商人ギルド
スィパーヒ
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--
--競馬場
トルコ人弓騎兵
スルタンの競馬場
スィパーヒ
---

城系

モットと柵
農民・トルクメン人
木の城郭
スィパーヒ

-
城塞
(下馬)スィパーヒ槍騎兵・トルコ投槍兵・農民弓兵
大城砦
-
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
トルコ投槍兵
演習場
アザブ
兵舎
ナファトゥン
武器庫
-
--
-厩舎
トルコ弓騎兵
アミールの厩舎
トルクメン人
シャイフの厩舎
スィパーヒ
スルタンの厩舎
スィパーヒ槍騎兵
カリフの厩舎
カプクル
-
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
トルコ弓兵
弓射撃場
オスマン歩兵
上級射撃場
-
--
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
大射石砲
大砲鋳造場
鋳造砲
王室兵器工場
巨大射石砲
-
-
ダウ船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
バグラ船
--

ユニーク建築

  • 競馬場/スルタンの競馬場(小都市/大都市)

    どちらも1200と安く、人口増加率と治安に僅かにボーナス。そして競馬の開催頻度を増やすことにより、資金は消費するが治安を更に良化する事が出来る。

    また、トルコ人弓騎兵/スィパーヒをここから雇用する事が出来るが、民兵では無い為無料維持は出来ない。

    イスラム系将軍がここに駐留すると「優れた騎手〜(騎兵への指揮・行軍能力・権威に+)」が育つ。

    また、全勢力でこの建物がある拠点でスパイ・暗殺者を雇用すると確実に「黒き雄馬(移動力+)」が付く。
  • ビマリスタン/大ビマリスタン(大都市/巨大都市)

    高いが人口増加率と治安に大きなボーナス、そして欠けた兵の再訓練による補充費用を少し節約できる。

    待機時に医師や医者などの兵士負傷復帰・子供を授かる機会を増加させる従者が付く他、「健康な男〜(HP+)」の特性が育つ。

ユニット紹介

既存ユニットは基本的にはグランドキャンペーンと同じ能力値だが、種々の調整がなされている。顕著な物をピックアップすると

・「ナファトゥン」の雇用費90低下、290F/部隊。安い。

基本的に、民兵系低~中ランク歩兵の攻守が僅かに上昇騎兵や重歩兵、弓兵の近接はそこそこ低下。相対的に民兵系前衛が強くなります

両手武器兵種には全てAP属性が付き、ほぼ全兵種が攻守突撃が強化されています。

例外を除き、雇用維持費も全体的に1~2割程度低下しています。また、騎兵は編成数が3/4になっています。

アザブ

azabs.png

演習場(城)から出る脆弱な槍兵。

なぜ演習場からこんな弱い兵種が出るのか不思議な所だが…市民兵と農民の中間程度の能力。

対騎兵ボーナスも弱く、下位建築から出るトルコ投槍兵に全て負けていると言う酷さ。ナファトゥンを出す過程で雇用可能になる

兵種…と考えられなくも無いが。雇用維持費は安いのでそう言う用途には最適だが。

トルコ投槍兵

turkish_javelinmen.png

守備隊兵舎(木の城郭)または城塞から出る勢力唯一の投槍歩兵。

投槍威力6+AP、近接は市民兵と同程度で雇用維持費は300/100。前衛歩兵として使えなくも無い性能。

サラセン民兵が出る迄は戦列兵としての雇用も可能だろう、弓歩兵と合わせて、接近される前に多いに敵を弱める事が出来る。

勿論サラセン民兵が出た後でも後方支援兼緊急戦列維持の穴埋めとしても使える。

質より量で勝負したい時に欠かせない兵種。

トルコ弓兵

turkish_archers.png

射撃練習場(城)から出せる中位の弓歩兵。

この兵種から既に長射程能力を持つ、攻守6/10と近接もそこそこ出来て砂漠弓兵より強い。

雇用維持費は440/100と高くは無いので数が繰り出せる。

序盤の弓兵の主役となるだろう。

オスマン歩兵

ottoman_infantry.png

弓射撃場(城塞)から出る重装備の弓兵。

下馬ドボル騎兵やビザンティン護衛弓兵・北方弓兵らと同じく、弓兵と言うよりは弓も使える重歩兵。

弓の腕前はトルコ弓兵と大差ないが、民兵剣士や都市民兵と同等というかなり高い白兵戦能力を誇る。

士気は低いものの、実質トルコ最強クラスの歩兵と言えるだろう。

また、イェニチェリ弓兵は守備の多くを回避に依存する為、意外と弓の撃ち合いに脆い。

その点、オスマン歩兵は弓の威力こそ並だが、鎧と大盾を備えているので活躍してくれる筈だ。

雇用維持費は670/150。トルコ弓兵の440/100と比べるとかなりの増額になるが、その価値は十分にある。

サラセン民兵

saracen_militia.png

大都市または市衛兵舎(小都市)から出る重装長槍兵。西側のイタリア市民槍兵にあたるユニット。

鎧と大盾による高い防御と十分な対騎兵攻撃力を持ち、中盤からの主力となる。

ムーアは下馬アラブ騎兵が重装長槍兵の互換になるが、エジプト・トルコが雇用出来るサラセン民兵は更に無料維持が可能。

士気は高くなく、槍以外の武器との交戦にはペナルティを受けるが、それでもなお強力な兵種の一角であることは間違いない。

イスラム勢力は全般的に鎧が薄いため、重装備の彼らは戦線を構築させ弓矢や騎兵突撃を受けさせたりするのにも有効。

尚、無料維持は可能だが維持費は155と相応なので、無料枠を越えた雇用や野戦への出しすぎには注意しよう。

トルコ弓騎兵

turkish_horse_archers.png

厩舎(木の城郭)または競馬場(小都市)から出るトルコの弓騎兵の最下位。

軽装・快速・低い士気と弓騎兵を体現するようなステータス。雇用維持費は420/150と相応。

最序盤においては最も安く雇用出来る騎兵、城系が有るだけで出せるトルクメン人は雇用費が90高い。

トルクメン人

turkomans.png

城系拠点であれば出せる弓騎兵。

トルコ弓騎兵と違いこちらは都市から出せない。

トルコ弓騎兵を少し強化した感じで、小型盾が付いた。士気の低さと快速は相変わらず。

雇用費だけちょっと高い、しかし雇用建築のボーダーが低いので序盤お世話になるだろう。

一応トルコの快速騎兵の中では最強となる。

スイパーヒ

sipahis.png

木の城郭またはスルタンの競馬場(大都市)から出せる勢力最強の弓騎兵。

盾・鎧としっかり武装しており、投射・近接共に下位の2兵種を凌駕する。だが士気は低い…重武装の為中速。

雇用維持費が760/175とかなり高く、序盤の雇用は厳しいものがある。同じ雇用費でトルコ弓騎兵が2部隊雇用出来る。

ただ近接能力が強化されているのは嬉しい。騎馬従士程度なら優越する。鎖かたびら騎士となると少々厳しいが。

突出して来る弓隊の強襲や、前線の裏に回り込んでの背後からの射撃などを任せよう。

下馬スィパーヒ槍騎兵

dismounted_sipahi_lancers.png

城塞から出せるようになる勢力最強の槍兵で単体ではサラセン民兵を凌駕する性能。

攻守は9/15。高い士気も持つが、雇用維持費は630/150と高すぎと言うほどでも無い。

拠点攻め用の精鋭としての転用も可能、イェニチェリに次ぐ戦闘能力を持つ。

イェニチェリ3兵種は盾を持たない為守備が低い、こちらは盾を持ち正面からは15の守備力を発揮するので損害は出難い。

高価なイェニチェリは側背から攻撃させるなどし、正面は重装ユニットに任せよう。

尚、単体性能にはサラセン民兵よりも上だが、編成数はサラセン民兵の方がかなり多く性能差を埋めてしまう。

城など狭い場所には下馬スィパーヒ、野戦など広い場所ならサラセン民兵と使い分けるのも良いだろう。

スィパーヒ槍騎兵

sipahi_lancers.png

城塞から出せる中堅の重騎兵。そこそこの攻守に微妙な突撃と、イスラムっぽい重騎兵の特徴をまんま持つ。

鎖かたびら騎士とほぼ同じ能力で、中速・高い士気と雇用維持費750/210。

これなら投射も出来るスィパーヒの方が色々と便利だろう。

弓騎兵の方のスィパーヒは木の城郭だけで雇用出来る、ただし士気は低いのには注意。

イェニチェリ重装歩兵

janissary_heavy_inf.png

オスマンのイェニチェリは都市から出る特殊な雇用形態の兵種。

重装歩兵は市庁舎(小都市)から出現する。

攻守12+AP/10と槍兵と両手斧兵の中間の様な存在だが、APや弱騎兵ボーナスのお陰か意外と強い。

また攻撃モーションが突きだからなのか敵を寄せ付けず、両手斧兵程は脆くない。

高い攻撃とAP能力に加え、弱騎兵ボーナスもあるので盾を捨てた末期の重騎兵にとっては天敵となる。

ただし槍壁隊形すら取れないハルバード兵なので突撃には脆い。注意しよう。

雇用維持費は840/175で無料維持は不可。精鋭だけあって相応の経済力がないと大量配備は難しい。

イェニチェリ弓兵

janissary_archers.png

陸軍兵舎(高等建築)から出るイェニチェリシリーズその2。

イェニチェリシリーズでは最も有用度が高い…が雇用迄がかなり遠い。

長射程の威力10の弓に、近接攻守が10/13、そしてイェニチェリシリーズに共通する非常に高い士気。

さらに杭を打てる、これが超重要…モンゴルが来る迄にイェニチェリ弓兵を出せるようになっておきたい。

射手としての能力は最精鋭クラス、ただしロングボウの様にAP能力が無い所が残念。

また大盾クロスボウ射手・下馬ドボル騎兵・ロングボウ従士射手など、精鋭弓兵は鎧に加え大盾まで装備している場合が多い。

これらの重装弓兵と真正面から撃ち合うと盾無しのこちらが損害が多くなるので注意しよう。

雇用維持費は780/175と高い、杭は大量に打てれば打てる程有利なので、多くを維持できる財力の入手も合わせて必要だろう。

イェニチェリマスケット銃兵

janissary_musketeers.png

イェニチェリシリーズその3、長射程高威力のマスケット銃を扱い近接も強い兵種。

雇用には王室兵舎(先進建築)が必要…

マスケットの威力は並のマスケティアより3高い17、コサックマスケット銃兵に並ぶ精鋭ガンナーである。

近接も実はイェニチェリ3兵種の中では一番高い攻守12/14、肉弾戦要員としても使える。

多くを回避に依存する為、撃ち合いにはそれほど強くないが…

また、マスケティアを保護するパイクがいないのも残念な所。傭兵で何とかするか、そのままイェニチェリを犠牲にするか。

雇用維持費は830/175と安くは無い、考えて運用しよう。

巨大射石砲

me_monster_bombard.png

王室兵器工場(高等建築)で雇用可能なトルコのユニーク特科ユニット。

射程はバジリスク砲と同じ450m、ただし普通は2門ある特科が巨大射石砲は1門。弾の威力はバジリスク砲の3倍なのだがこのせいで大差なくなっている。

巨大射石砲の真髄は、命令から射撃までのタイムラグがとても短いこと。トレバシェットの様に弾込めモーションが無いので命令後数秒で発射出来る。

ただし、撃った後はしばらく動けなくなるので射撃間隔はきちんと空く。

壁を一瞬で破って守兵が来る前に騎兵で速攻侵入…と言う作戦が可能、巨大都市なら壁の耐久力2000なので一門では足りないが(巨大射石砲の威力は1000)。

ただ、著しい命中率が悪い為、壁以外の物を狙うのには不向き。そちらは鋳造砲が適しているだろう。

性能面はさて置いても、ロマン溢れる兵器である。実は傭兵で全勢力使用出来るのだが…

ナファトゥン

naffatun.png

兵舎(城塞)から出るイスラム特有の兵科(ムーア除く)。

ナフサを詰めた陶器の瓶に着火して投げつける、射程は投槍よりさらに短い40m。

対鈍足騎兵では射程に入ってから投擲までの猶予が6秒、快速騎兵の突撃では3.6秒しかない。壁が無いと投擲すら出来ない場合がある。

下位兵種で壁を作って、FF上等で投げ込もう。当たれば確実に殺せるが、複数纏めて殺す効果は無い。

弾数は5発、その後は近接での戦いとなる。

近接は13/12と強い、士気も精鋭並に高いので普通に前衛に使えるが…構成人数が40人しかいないと言う欠点がある。

ハシシン同様、使いどころを見極められれば強力なユニット。壁の防御に置いて頭上から手榴弾の嵐を浴びせたり、橋防御に使ったり

近接上等で突撃を受けさせるのは流石に無謀だが…歩兵突撃くらいなら大丈夫だろう。

カプクル

quapukulu.png

王の厩舎から出る最精鋭の重騎兵、突撃が6と一歩西欧騎士の精鋭に及ばないが、近接でAP効果のあるメイスを振るう。

チュートン騎士のような感じで、突っ込んだ後の乱戦もとにかく強い。将軍護衛兵を凌ぐ戦力である(HPは1だが)。

鈍足・高い攻守士気と正に精鋭重騎兵…と言うか、トルコはこう言う鈍足タイプの騎兵がこれか将軍護衛兵しかいなかったりする。

雇用維持費は1100/250、金食い虫であるが最精鋭の騎兵を揃えたければこれしかない。


添付ファイル: filemap_turks.jpg 151件 [詳細] fileturks.png 162件 [詳細] fileturkomans.png 163件 [詳細] fileturkish_horse_archers.png 153件 [詳細] filesipahis.png 142件 [詳細] filesipahi_lancers.png 153件 [詳細] filequapukulu.png 164件 [詳細] fileturkish_archers.png 153件 [詳細] fileottoman_infantry.png 151件 [詳細] filejanissary_musketeers.png 163件 [詳細] filejanissary_archers.png 167件 [詳細] fileturkish_javelinmen.png 161件 [詳細] filenaffatun.png 151件 [詳細] fileazabs.png 166件 [詳細] filejanissary_heavy_inf.png 162件 [詳細] filesaracen_militia.png 156件 [詳細] filedismounted_sipahi_lancers.png 168件 [詳細] fileme_monster_bombard.png 162件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-11-29 (金) 22:58:11 (2150d)