novgorod.png

初期から使用出来る、東方正教勢力。自然崇拝のリトアニアと同じく、唯一の東方正教国家。

名前は変わっているが、雇用-建築はグランドキャンペーンのロシアと全く変わらない。ただユニット能力の調整は受けており

能力数値の絶対値がが全体的に低下、投射系が強化され重騎兵は弱くなったデンマークと言った感じ。

map_novgorod.jpg

初期は内陸にしか領土を持たず、財政状況は良くない。

首都であるノヴゴロド(大都市)から、南にプスコフ(町)・コルム(村)・ズブストフ(木の城郭)・ヴェルキエ・ルーキ(村)

ヴィテブスク(大きな町)、そして最南部のスモレンスク(大都市)の、7拠点から開始する。

デンマーク・チュートン騎士団・リトアニア・モンゴルと近く、MAP端勢力ではあるが序盤からの開戦の危険性は高い。

周辺の反乱拠点も手に入れつつ、いかに財政状況を改善して行くかがカギとなる。

戦略

周辺反乱拠点の平定

ノヴゴロドが手を出せる反乱拠点は意外に少ない。

首都ノヴゴロドの北にはトスノ(村・4部隊)が存在し、陥とすのは容易。特産物は貧弱だが…

プスコフの西にはオリスタ(村・4部隊)がある。ここも容易な拠点では有るが、チュートン騎士団領に囲まれており目を付けられる危険性が高い。

南部領のヴィテブスク・スモレンスクの更に南にはドクシツィ・ムスチスラヴリ・ムグリンが存在(それぞれ村・4部隊)。

あまり旨味は無く、奪うにはやはり簡単だが他国との国境が近くなる。

以上の5つが手近な反乱拠点となるが、それら自体の利益を期待するのではなく、どの地方に進出して行くかを

計画立てたうえで、軍事拠点として手に入れ運用するかを考えた方がいいだろう。

バルト海に進出

王道であり、もっとも財政状況を建てなおしやすいルート。

デンマーク・チュートン騎士団と対立する事になるが、いずれの勢力も飛び地状態である為手痛い反撃を食らう恐れは少ない。

序盤の頼りない軍隊でも数的優位を取れる為、簡単だろう。

このルートを行く場合、リトアニアやモンゴルとは同盟を結んでおけば、なお後方の安定度が確保される。

戦争する相手を選ぶ

デンマーク

デンマーク飛び地領のナルヴァ(城)・レヴァル(小都市)を奪ってフィンランド湾から海上貿易を始める。

敵の拠点規模は多いが、初期配備の飛び地兵力は13部隊と少数。ゲーム開始後から首都ノヴゴロドの大軍(16部隊)を差し向ければ

極めて簡単に領土を奪えるだろう。北部のトスノの村は反乱拠点なので後回しでOK。

デンマークと開戦する事になるが、飛び地を失えば彼らの領土は遥か西のユトランド半島にしか無い。

反撃する事も出来ず、ただ歯噛みして観ているだけだろう。出来てもせいぜい艦隊を寄こして港の封鎖を行う位だろう。

彼らとまた接近する頃にはこちらも強大な軍事力を有しているだろうし問題ない。更に、投射騎兵主体のノヴゴロドの軍隊は

野戦では圧倒的に分がある。拠点攻めでは逆に苦しい戦いを強いられるかもしれないが…

チュートン騎士団

ヴェルキエ・ルーキの村が彼らの城デューナブルクと国境を接している。が。序盤はとりあえず様子見でいいだろう。

彼らは序盤からリトアニアと戦争中、次第に軍はリトアニア国境に集中して行く。そして後方の守りが薄くなってゆくだろう。

その間、デンマーク領を奪取したり、オリスタの村などに軍事力を結集していれば背後を突くチャンスは十分に見いだせる。

北と東からの攻撃となるが、スパイを活用して、攻撃の際はなるべく多方面から同時攻撃を行いたい。

援軍を寄こされるにしても全てカバーはできないだろう。勿論狙った拠点を全て奪えれば御の字だ。

特に正規兵が出るデューナブルクは速めに抑えてしまいたい。その後はリトアニアと協力して

北部領土一帯を速やかに制圧してしまおう。

リトアニア

戦略的には、序盤からは開戦したくない相手。デンマークやチュートン騎士団北部領を手に入れれば次は彼らが戦う相手だが。

リトアニアとの良好な関係が築けているのであれば、本土の領土はバルト海以北でとりあえず満足し、スカンジナビアを狙うのも良いだろう。

本土の南部には、ミンスクの金くらいしか利益ががっつりでる特産物が無い。

リトアニアと既に交戦状態であったり、本土の領土拡張を進める方針であるなら早めに潰しておくべき相手だろう。

彼らの得意兵種は頑強な信者部隊と、脚の速い投射騎兵部隊。発展が遅いと信者部隊はまだあまり出ていないかもしれない。

とにかく、野戦では投射騎兵の戦いになる。こちらの弓騎兵がカザフ人兵士のみであれば少々苦戦するかも。

名門子息隊では射程が短く、(下馬)ドボル騎兵やコサック騎兵がいれば優位に戦えるのだが…

相手の弓騎兵種はコストが低い為大量に出てくる場合が多い。地形の利を生かして戦おう。

モンゴル

ノヴゴロドと対照的に、MAP南東端に存在する勢力。やはり弓騎兵の国で、ノヴゴロドと似ているが

投槍騎兵はいない。また弓騎兵・弓歩兵に重点が置かれており、前衛歩兵は貧弱。当然ながらグランドキャンペーンの

移民襲来時の様に、強力な軍隊・将軍は有しておらず、序盤の国力は他国と同じかやや弱い程度。

序盤の彼らのターゲットはその手近さから、リトアニアとなる事が殆ど。稀に西に進んでポーランドと喧嘩している事も。

周囲をかなりの数の反乱拠点(7箇所)に囲まれており、最初はそれらの奪取に夢中になっている。なのでモンゴルと事を構えたくなければ

それらの反乱拠点に手を出さず、暖かく見守っていよう。同盟を結ぶまでも無く攻撃は仕掛けてこないはずだ。

中盤以降、デンマーク・チュートン騎士団・リトアニアの制圧が終われば彼らとの戦いも始まるだろうが

ここまで来ていれば対抗するだけの投射騎兵も数が揃っているだろう。もしくは硬い下馬ドボル騎兵に応射させても良い。

モンゴルは一切港を持たない、銀鉱山もあるにはあるが、経済的に貧弱な為(CPUはゲタを履かされていると言っても)援軍の出が鈍い。

消耗戦を仕掛ければすぐに領土を奪ってゆけるだろう。

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
民兵射手
小都市
市民槍兵
大都市
クロスボウ民兵
巨大都市
コサックマスケット銃兵
高等建築
-
先進建築
-
夜警詰所
民兵射手
哨兵詰所
市民槍兵
市衛兵舎
クロスボウ民兵
民兵演習場
騎馬民兵
民兵舎
バルディシュ斧兵
陸軍兵舎
火縄銃兵
-
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
大射石砲
大砲鋳造場
鋳造砲
王室兵器工場
バジリスク砲
-
-
ラディヤ船
造船所
ホルク船
大造船所
ホルク砲船
海軍大造船所
キャラック船
--
--石工ギルド
市民槍兵
上級石工ギルド
-
石工ギルド本部
バルディシュ斧兵
--
--商人ギルド
騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

城系

モットと柵
農民・カザフ人兵士
木の城郭
名門子息隊

ドルジーナ
城塞
下馬名門子息隊・農民弓兵・きこり隊
大城塞
-
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
きこり隊
演習場
槍兵
兵舎
下馬ドルジーナ
---
-厩舎
カザフ人兵士
騎士厩舎
名門子息隊
男爵厩舎
ドルジーナ
伯爵厩舎
コサック騎兵・ドボル騎兵
王の厩舎
ツァー護衛兵
-
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
-
弓射撃場
下馬ドボル騎兵
---
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
大射石砲
大砲鋳造場
鋳造砲
王室兵器工場
バジリスク砲
-
-
ラディヤ船
造船所
ホルク船
大造船所
ホルク砲船
海軍大造船所
キャラック船
--

ユニーク建築

  • 聖像作家のスタジオ(大都市)/熟練聖像作家のスタジオ(巨大都市)

    …僅かに人口増加・治安にボーナスがある他、その地域での教会が発揮する改宗速度に1.5/2.0倍の倍率がかかる。

     聖職者の布教にも倍率がかかるかは不明だが、とりあえず改宗の大幅な助けにはなるだろう。東方正教はマイノリティだし…

     東方正教以外を信仰する勢力が手に入れた場合も、治安ボーナスなどはそのまま発揮され、改宗効果にも倍率がかかる。

     ここで待機すると「教養のある男(人口増加・治安に+、高LVで権威+)」・「審美眼を持つ男(指揮マイナス、高LVで人口増加・治安に+)」特性が成長することがある。

ユニット紹介

基本的にはグランドキャンペーンと同じ能力値だが、種々の調整がなされている。顕著な物をピックアップすると

・「槍兵」の攻守向上雇用費70低下

・「クロスボウ民兵」の近接能力低下雇用費40上昇

・「コサックマスケット銃兵」の近接能力低下雇用費150低下

・「きこり隊」の突撃と回避能力の向上雇用維持費微上昇

基本的に、民兵系低~中ランク歩兵の攻守が僅かに上昇騎兵や重歩兵、弓兵の近接はそこそこ低下。相対的に民兵系前衛が強くなります

両手武器兵種には全てAP属性が付き、ほぼ全兵種が攻守突撃が強化されています。

例外を除き、雇用維持費も全体的に1~2割程度低下しています。また、騎兵は編成数が3/4になっています。

騎馬民兵

ee_cavalry_militia.png

商人騎馬民兵の様に商人ギルドから出る他、民兵演習場(大都市)からも出る、都市から出せる軽騎兵。

商人騎馬民兵より少し軽装、ややオフェンシブな性能になっている。脚は快速では無いのが残念な所。無駄に突撃隊形可能。

無料維持可能な為、市民槍兵や民兵射手などとの混成部隊を作れば、貧弱だが万能な民兵防衛隊が編成可能。

グランドキャンペーン同様、低い能力の為中盤以降は使いづらい。守備力はそこそこ高いのだが…彼等を雇用する金があるなら

カザフ人兵士などの弓騎兵を雇用する方が余程有用だろう。

きこり隊

woodsmen.png

ポーランドと全く同じく、守備隊兵舎(木の城郭)又は城塞が有るだけで出せる兵種。

ノヴゴロドもやはり城塞にUGして下馬名門子息隊が出るまでは、士気の高い歩兵に欠ける。

序盤から頼りになるきこり隊であったが、チュートン騎士団キャンペーンでは攻守突撃において強化を受けた為、更に使い安い兵種になった。

鎧は強化されていない為、やはり飛び道具には脆弱だが、拠点攻めなどでの押し合いには強くなっている。

ただ、士気は低いままなので数を揃えなければならないのには注意しよう。雇用維持費は210/90と安いので問題は無いはずだ。

槍兵

ee_spearmen.png

ポーランドのそれと雇用建築も能力も全く同じ、演習場(城)から出る重装長槍兵互換。

雇用維持費は430/125とかなり安くなっており、イタリア市民槍兵のような感覚で使える。

やはり槍以外との近接戦闘には不利が付くが、中盤では下馬名門子息隊と並んで敵と殴り合う重要な兵種になる。

パイクが無い為、対騎兵突撃用の兵種としても終盤まで通用、これには安い騎兵をぶつけると言う戦術もあるが。

バルディシュ斧兵

berdiche_axemen.png

民兵舎(巨大都市)から出せるようになる、ロシア両手武器兵の上位兵種。

建築に投資が必要な為、初期コストが非常に高額…だが、両手武器兵種強化の恩恵を受けてかなりの強化がなされた(攻守16+AP/12 突撃9)。

雇用維持費は相変わらず安い(410/150)、士気も高い為下馬名門子息隊との混成部隊で攻守の分担が可能。

コサックマスケット銃兵

cossack_musketeers.png

巨大都市が有るだけで雇用可能になる、相変わらずの精鋭のガンナー。

本キャンペーンではロングレンジ火縄銃の存在自体が稀、その為他勢力とは一線を画す高能力になっている。

近接は若干弱体化しているが、銃の威力17は変わらない。雇用維持費も少し安くなって800/150。

ただし相方となるパイク兵は、プロシア地方の傭兵を雇用しなければならない。

カザフ人兵士

kazaks.png

モットと柵以降、城系で自由に雇用できる弓騎兵。雇用維持費は420/110とバランスが変わった、初期から雇用出来便利な兵種。

攻守士気はやはり最低クラスだが、弓騎兵と言う兵種自体が全ての兵種の中で最強クラスなので、他勢力に対して大きなアドバンテージを握れる。

ただし他勢力も弓騎兵を出してくる。弓騎兵どうしの戦いには能力的に不利だし、弓兵の攻撃にも弱い。

敵の陽動に捨て駒突撃に、弓兵のいない編成のなぶり殺しに、安くても芸の多い兵種である。

下馬名門子息隊

dismounted_boyar_sons.png

城塞が有るだけで出せる斧盾歩兵の精鋭。西欧の下馬封建騎士代替その1。

下馬封建騎士に比べると一回り攻守が低く、攻守9+AP/15。AP能力で補ってはいるが、それでも格下感は否めない。

雇用費も微妙に高いが維持費は150と下馬封建騎士より75安く、初期コストを出せれば数は多く維持できる。

敵戦列と衝突する前に、弓矢や投射騎兵、特科などで敵を弱める必要が有るだろう…

ともかく、下馬名門子息隊が出せるようになると士気の高い歩兵が加わることで、ロシアの編成は厚みが増す。

それまできこり隊や市民槍兵頼りで苦しかった拠点攻めも、幾分か楽になるだろう。

名門子息隊

boyar_sons.png

木の城郭が有るだけで出せる、ロシア自慢の序盤の有用兵種の投槍騎兵。

重装甲にAP効果付きの投槍と、近接でもハンドアクスを振るいAP攻撃を繰り出す。だが士気は低いのでその点に注意して無理をさせないように。

雇用コストはアップしており、雇用維持費740/155。数を繰り出せる兵種ではない。

重装甲の割に鈍足では無く、封建騎士などの鈍足兵種には距離を取りつつ戦えるのが強み。

下馬ドルジーナ

dismounted_druchima.png

下馬名門子息隊と全く同じ能力の精鋭歩兵、鎧のUG(鎧職人)も、雇用維持費も同じ(690/150)。

出せる建物だけが異なり、兵舎(城塞)となる。

初期コストが高いだけで、下馬名門子息隊に比べて何も雇用するメリットが無い。

バルディシュ斧兵の強化も相まって、さらに影の薄くなった兵種。

ドルジーナ

druzhina.png

城から出せる、西欧の鎖かたびら騎士の代替。

微妙にスペックは異なるが取り敢えず同じと考えて問題ない程度の違い。特筆すべきは近接の殴り合いでAP属性のある手斧を振るう事。

ドルジーナに限らずノヴゴロドの兵士は斧を好む、デンマーク以上の斧好き国家かもしれない…

雇用維持費は710/155と安くは無い、能力は劣るが名門子息隊を雇用した方が役に立つだろう。。

ドルジーナはしっかり高い士気を持っており、この点では優越するが。

コサック騎兵

cossack_cavalry.png

ドボル騎兵と同様に伯爵厩舎(大城砦)を建設すると雇用出来る様になる精鋭弓騎兵。

この段階までの厩舎の発達ででる兵種は全て城の発達だけで出せるので、中々苦しい道のりとなる。

コサック騎兵は軽装・高機動・高士気の弓騎兵、弓騎兵の中では上位の攻撃力を持つ。

脚は快速だが鎧を付けておらず、盾と回避で守備力を発揮する。グランドキャンペーンに比べて盾守備における比率が少し高くなった。

士気が高い為多少のことでは敗走しないと言う、快速の弓騎兵には有難い特徴を持つ。無理な奇襲突撃もこなしてくれる兵種となった。

雇用費は730とちょっと高いが、維持費は110とかなり安い。野戦軍には1〜2部隊混ぜておくと良いだろう。

下馬ドボル騎兵

dismounted_dvor.png

ロシアは城から出せる弓歩兵が農民弓兵とこの兵種の2種類しかいない。

建築の2段階目での射撃練習場(城)では何も出せず、弓射撃場(城砦)で出せるこの下馬ドボル騎兵が最良の射手となる。

が、実力はロシアの兵種でも最高クラス。長射程威力11と上級クラスの弓の腕前に加え何と近接能力は下馬名門子息隊と全く同じ。

盾も鎧もしっかり身につけ、AP属性付きのハンドアクスも持ち、士気も高い。

十分な経済力があれば、歩兵は下馬ドボル騎兵で全部構成できる。

雇用維持費が750/225と高いのが問題だが…それでもその価値はある兵種である。

ドボル騎兵

dvor_cavalry.png

コサック騎兵と同じく伯爵厩舎(大城砦)で出せる重弓騎兵、やはり建築の道のりが長い…

こちらは対照的に重武装で近接が強い弓騎兵、ただし鈍足になってしまっている。

近接能力は高く、ドルジーナが弓を持って足が遅くなった兵種とも言える。

鈍足と言うのは弓騎兵としては問題になるが、近接でも十分戦える攻守士気があるのは頼りがいがある。

コサック騎兵やツァー近衛兵と組ませて、多兵種混成部隊の一角として活躍させよう。

ツァー近衛兵

tsars_guard.png

王の厩舎で雇用できる様になる、ノヴゴロド最精鋭の重機兵。攻守12/18と精鋭重騎兵レベルなのだが、他勢力の騎士道騎士や

リッター・ブルーダーなどには追いつかれてしまっている。それでもノヴゴロドで最強の破壊力を持つ重騎兵であることには変わりない。

勿論HPは1だし鈍足、雇用維持費も高いと完璧ではないが…近接では例外的にハンドアクスを使わない為AP属性が無いのも残念な所。

ツァー近衛兵以下の重騎兵はいずれも投槍・弓騎兵・快速など有用な特性を持つが、やはり総合的に強力な近接能力には欠ける。

重騎兵突撃を主とするより、投射騎兵を使った撹乱戦法がノヴゴロドには合っているだろう。


添付ファイル: filemap_novgorod.jpg 129件 [詳細] fileee_spearmen.png 136件 [詳細] filedruzhina.png 134件 [詳細] filetsars_guard.png 153件 [詳細] fileee_cavalry_militia.png 160件 [詳細] filekazaks.png 136件 [詳細] fileboyar_sons.png 146件 [詳細] filedvor_cavalry.png 125件 [詳細] filecossack_cavalry.png 147件 [詳細] filecossack_musketeers.png 131件 [詳細] filewoodsmen.png 135件 [詳細] fileberdiche_axemen.png 141件 [詳細] filedismounted_druchima.png 145件 [詳細] filedismounted_boyar_sons.png 123件 [詳細] filedismounted_dvor.png 145件 [詳細] filenovgorod.png 135件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-26 (土) 21:28:36 (2184d)