hungary.png

種々の条件(or操作)でプレイ可能になる、東欧系のカトリック教国。

ポーランドと非常によく似た兵種・建築・状況である。

内陸の首都ブダペスト(大きな町)・西の支城ブラン(城)の2拠点で始まる。

map_hungary.jpg

ポーランドと並び、難易度の高い勢力として知られるハンガリー。

東に黒海、北にポーランド、南東にビザンティン、西に神聖ローマ、南西にはイタリア諸都市国家がある。

6の反乱拠点と隣接し、初期の拡張が鍵だが経済力がかなり厳しい。同盟を積極的に使わなければ四面楚歌の様相を呈する。

兵種はポーランドと似た感じで投射系騎兵に卓越し、他にも剣槍弩騎兵と質の良いものが一通り揃う。

スペインに対するポルトガルの様な立ち位置の国。

城から下馬騎士や各種騎兵も出せるのだが、特に序盤は経済的に厳しい事が多く維持費が痛い。

クロアチア戦斧兵や大盾クロスボウ民兵などの安価な割に強力なユニット駆使して戦おう。

尚、中盤までに使えるユニットが出揃ってしまい、それ以後の発展で出てくるユニットは何故か劣化してしまう。

都市兵舎は大盾クロスボウ民兵、城兵舎は大盾槍兵が出るまで投資すれば十分である。

城の厩舎や弓練習場は一切発展させる必要が無いという、かなり割り切った勢力。

使える騎兵、弓騎兵、重歩兵は城が発展するだけで勝手に出現する。

戦略

反乱領土の平定

東部拡張

ブランから正規兵を出し、東に拡張を行う。

カルパティア山地北東の出口からすぐに見えるヤシ(モットと柵・4部隊)及び南東のトランシルバニア平原に望むブカレスト(村・6部隊)がターゲット。

ヤシは対ポーランドの支城として機能するが、黒海に港を持つので貿易拠点としても重要…だが、周りが反乱拠点ばかりなので旨味はあまりない。

ブカレストも同様の理由で港はあるが収入が貧弱。他に攻めてくる勢力も最初はあまりいないので先に南部拡張を行うべきだろう。

南部拡張

ブランの南にはソフィア(木の城郭・7部隊)、ブダペストの南西にはザグレブ(村・4部隊)が存在、それぞれ重要な反乱拠点。

ソフィアはビザンティンがテッサロニカから兵を出してきて獲られると、ビザンティン前線に城を与える事になるので

後々の事を考えるとこちらが陥としておくべき拠点。

貿易の旨味はないが、戦略的に重要な拠点となる。将来ここからテッサロニカやコンスタンティノープルを狙えるだろう。

ブダペストの南西にはザグレブがあり、金が存在する…距離は遠いが、初期状態からザグレブとブダペストの中間に5部隊のハンガリー野戦軍が配置されている。

これをそのまま派遣すればザグレブ獲りは容易い…がその後の防衛に労力を費やす事になる。

北には神聖ローマ、西と南にはヴェネチアが鎮座している…村なので防衛も難しく、拠点間の距離も開いている為援軍も難しい。

ザグレブ付近に砦を作って軍を駐留させるか、いっその事ザグレブを城にしてしまうのもありか。

鉱山・広域鉱山は城系でも設置できる。そしてそこからの収入は変わらない。貿易収入は目減りするが意外と影響は少なかったり…

敵対と同盟

対ポーランド

ポーランド紹介の項でも述べたが、東西に走るカルパティア山脈が壁となり意外と2国の隔たりは深い。

ポーランドと敵対しても得られる物は少なく、教皇の機嫌を無駄に損ねない為にも友好的関係を結んでおこう。

バルト海貿易を狙うなら排除すべき相手だが、ハンガリーはアドリア海・黒海の方が位置的に近い。中盤までは北への進出は控えていても良いだろう。

ただし、ポーランドは初期軍隊が11部隊と少なく、早期に芽を摘むのも容易な国ではある。ポーランドさえ併合すれば北への道が大きく開ける。

南部・西部戦線はすぐに他国との戦争になるので、それらと同盟を結んでおいてポーランドにのみ的を絞って戦うのもありか…

やはり、バルト海に出るまでは利益が少ないのがネックだが。また他国との同盟はそのまま開戦の妨げともなる。

対神聖ローマ

ハンガリーが最も敵対する可能性が高い勢力、そして領土を得ても利益が微妙な勢力でもある…

ブダペストはドナウ川を挟んでウィーンとにらみ合う。上で旨味が無い…とは書いたがウィーンには銀山が二つある。

経済的に苦しいハンガリーにとってこれは喉から手が出るほど欲しい場所。だが攻め取るとインスブルックの城から兵を断続的に出され

戦争が泥沼化する…インスブルックまで奪おうとするとさらに神聖ローマ領に食い込む事になり、戦いが深化する。

インスブルックを支城としてそこに攻撃を集中させるという戦略もある。

ともかく、神聖ローマと交戦するなら多くのリソースをここに裂く事になるだろう。その事を踏まえつつ、開戦するか同盟するかを考えよう。

ウィーンに鉱山が設置されるまで様子を見て、その後に奪う、と言う戦略もある。

対ビザンティン

距離は少し開くが、いずれ戦う相手。

ブランから兵を出して、2国間の反乱拠点ソフィア・ブカレストを取り合う事になる。

この2拠点は奪うには簡単だが、かと言って放置しておいてビザンティンに奪われると彼らに正規兵雇用の前線拠点を与える事になる。

西部戦線と相談しつつ、早めに獲るようにしよう。

ビザンティンは東方正教勢力の為、戦争しても教皇様に目を付けられないのがメリット。破門の心配もない。

兵種は似通っているが、バルダリオタイが出てくるとかなり手こずる事になる。ハンガリー名門兵以上の強力兵種。

ハンガリー名門兵で対抗するか、野戦を避けるかの二択だが…彼らを打ち破れれば黒海・エーゲ海そして地中海に貿易の道が開ける。

ビザンティンは城から特に強力な兵が出る、その為城の攻略を戦略に効率的に組み入れておこう。

バルカン半島先端部のコリントを抑えれば、あとはその東の対岸のスミュルナ程度、ロードスやさらに東のニコシアにも城はあるが…

ハンガリーが最初にターゲットにするには手頃な相手、勿論楽な戦いではないが。コンスタンティノープルやニカイアの絹織物を手に入れられれば経済的にも潤うだろう。

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
市民兵
小都市
市民槍兵
大都市
大盾クロスボウ民兵
巨大都市
ハサー
高等建築
-
先進建築
-
娼館
-
宿屋
-
酒場
トランシルバニア農民
馬車留め付き酒場
-
歓楽の殿堂
-
--
夜警詰所
市民兵
哨兵詰所
市民槍兵
市衛兵舎
大盾クロスボウ民兵
民兵演習場
ハルバード民兵
民兵舎
火縄銃兵
--
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
オルガン砲
大砲鋳造場
バジリスク砲・サーペンタイン砲
--
-
コグ船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--
--暗殺者ギルド
-
上級暗殺者ギルド
野戦暗殺隊
暗殺者ギルド本部
-
--
--石工ギルド
市民槍兵
上級石工ギルド
ハルバード民兵
石工ギルド本部
-
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--
--商人ギルド
商人騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

城系

モットと柵
農民・マジャール騎兵
木の城郭
ハンガリー名門騎兵

-
城塞
(下馬)封建騎士・農民弓兵・スラブ族徴募槍兵
大城砦
(下馬)騎士道騎士
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
スラブ族徴募槍兵
演習場
クロアチア戦斧兵
兵舎
大盾槍兵
---
-厩舎
マジャール騎兵
騎士厩舎
ハンガリー名門騎兵
男爵厩舎
封建騎士
伯爵厩舎
騎士道騎士
王の厩舎
バンデリウム親衛隊
-
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
ボスニア弓兵
弓射撃場
クロスボウ射手
---
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
オルガン砲
大砲鋳造場
バジリスク砲・サーペンタイン砲
--
-
コグ船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--

ユニーク建築

  • 城内図書館(大城砦)/学士院(高等建築)

    …城内図書館からはスパイ・外交官、学士院からは暗殺者が雇用可能になる。

     ユニーク建築で雇用出来る兵種は、他勢力では出せないが、これらは共通の工作員なので他勢力でも雇用可能。

     ここで待機すると「数字の才のある男(攻城兵器の建造ポイント・貿易収入+)」・「洗練された男(権威+)」・「有望な戦術家(指揮+)」また従者として司書(信心+)が付く事がある。

     また、この建造物がある拠点で成人を迎えた場合、「頭の良い男(指揮・貿易収入・税収+)~」が稀に付く事がある。

ユニット紹介

トランシルバニア農民

transilvanian_peasants.png

酒場(小都市)から出せると言う特殊なユニット。

ハルバードを持っただけの農民兵で、訓練を受けていない為槍壁隊形は取れない。

それはあまり問題にはならないが、通常の農民兵より倍以上雇用費が高い(110→270)癖に、能力はたいして強く無いのが問題。

攻撃力は5と農民よりは高くAP属性付き・騎兵への攻撃にも少しボーナスがあるが、守備が更に下がっており(回避1のみ)構成人数も120人と多くない。

都市から出る兵種だが、無料維持は不可。近隣勢力に似たスペックのきこり隊がいるが、それに何もかも劣る。

ボスニア弓兵

bosnian_archers.png

射撃練習場(城)から出せる、ポーランドのリトアニア弓兵代替の中位弓歩兵。

…だが、杭も使えない上に、スペックはリトアニア弓兵と同じ。雇用費が少し安い(300)だけで、使うメリットはあまり無い。

ハンガリーは大都市または市衛兵舎(小都市)から、性能良好の大盾クロスボウ民兵が雇用できる。

また、能力の高い弓歩兵傭兵のブルガリア山賊の雇用可能地域も近い(傭兵についてを参照)。

ボスニア弓兵は、近接能力が付加された農民弓兵…程度の認識で良いだろう。射程も短く使い勝手が悪い。

クロアチア戦斧兵

croat_axemen.png

演習場(城)から出る、きこり隊の上位兵種。

本来ここで出る重装長槍兵(互換の大盾槍兵)は、もう一つ上位の兵舎(城塞)から出る。

きこり隊を純粋に強化した兵種で、鎧も着ている為そこそこの守備力を持つ。攻撃力も15+APと下手な正規兵を上回る。

特筆すべきは雇用費だろう、なんと一部隊260フロリンで雇える。これは下馬封建騎士の1/2と言う破格の安さ。

雇用費も安く維持費も125と民兵並。大量に雇用してきこり隊と同様の運用が出来る。命は投げ捨てるもの…

やはり士気は低いので、そこに気をつけて使えば強力な戦力である。

大盾槍兵

pavise_spearmen.png

兵舎(城塞)から出せる、ハンガリー版重装長槍兵。

他勢力の重装長槍兵と全く同じスペック。大盾の名を冠しているが、盾の守備が強いわけではない。ただし雇用費が少しだけお得になっている(540→490)。

ハンガリーはパイクも出せない為、この兵種が出るまでは市民槍兵か傭兵槍兵で騎兵対策を行う事になる。

または豊富な騎兵を騎兵にぶつけて、突撃返しさせるか…

野戦暗殺隊

battlefield_assassins.png

上級暗殺者ギルドから雇用出来る、中東のハシシンに似た特殊兵種。

回避技能は同じだが、こちらの方がやや軽装の鎧・盾を持つ。その為重歩兵扱いのハシシンと違いこちらは軽歩兵にカテゴライズされている。

潜伏技能やとても高い士気、HP2、高い攻撃力は同じ。城壁や門前などの面積が限定される場所では下馬騎士道騎士より有用。

ただ、どこでも潜伏技能は活用が難しい…せめて潜伏しながら移動できれば良かったのだが。

その為、射撃で先制やを与えようと距離を詰める弓歩兵の待ち伏せ位にしか使えない。森でなら発見までの距離がほぼ0まで縮まるので

騎兵に対する待ち伏せなどに使えるか。

だがやはり歩兵なので脚の早さが問題…高い防御とHPも、騎兵突撃などでは一撃死を食らう事がしばしば。

どうやら跳ね飛ばす系のチャージには能力を考慮しない即死判定(或いはHPを2以上一気に持っていく威力)があるようだ。

うまく使えれば、大都市から頼りになる歩兵が出せるようになる。いろいろ使い方を検討してみよう。

下馬騎士道騎士

dismounted_e_chivalric_knights.png

大城砦があるだけで出せる、士気の高い重歩兵。

とは言え、城塞の下馬封建騎士がいる為代替の兵種としかならない。

しかも雇用費が微妙に高く、守備が微妙に低くなっている。

まぁ士気は高いので、スペインの同兵種の様に「下馬封建騎士の雇用可能数が2倍に増えた」と考えた方が良いだろう。

ハンガリーは城塞ができるまで士気の高い歩兵が出せずに苦労する…

(野戦暗殺隊を用意するにしても大都市が必要)

そこまでは数で攻め入る必要があり、ポーランド同様城の人口増加がとても重要。

マジャール騎兵

magyar_cavalry.png

城系拠点があれば雇えるようになる下位の弓騎兵。

弓騎兵としては最低限の能力であり、雇用価格も安い廉価版クラスになる。

ただ、脚は快速な為捕虜をガンガン捕まえられ、回避行動も容易い。

上位のハンガリー名門騎兵を出そうとすると、雇用費がほぼ倍の為、経済が貧弱な内はマジャール騎兵を主体として使って行く必要が有るだろう。

士気は低いので敗走に注意、逆にそれさえ気をつければ安価で強力なユニットになるだろう。

ハンガリー名門騎兵

hungarian_nobles.png

木の城郭があるだけで出せる、ハンガリー代表兵種。

ポーランド名門兵と対を為すユニットで、重装甲の投射騎兵だが得物は弓矢。

投槍ほど痛くないが、弾数が多く120mの射程。戦場での操作はし易くなっているだろう。

近接能力は少しだけ劣るが、それでも投射騎兵にしては強力。脚は中速、士気も高い。

ハンガリーもポーランドも、序盤からこの様に強力な投射騎兵が出せる。雇用維持費が高い(750/210)ので乱用は出来ないが…

ハサー

hussars.png

ポーランドと同じく巨大都市があるだけで雇用出来る。

ハンガリーとポーランドは、重騎兵の出る建築やその種類・能力値などはほぼ同じ。

なので、ハンガリーのハサーも騎士道騎士(大城砦)が出るまでの代替兵種として使える。突撃が2低いだけで脚は中速。

緊急招集用としても充分な能力を持つ。

ちなみに後期のこの辺りの傭兵に「セルビアハサー」が存在するが、彼等も能力はほぼ同じ。ただし雇用維持費は傭兵価格だが。

バンデリウム親衛隊

royal_banderium.png

ポーランド衛兵に相当する、最精鋭の重騎兵。

だがやはり、大城砦があるだけで出せる騎士道騎士とほぼ同じ能力なのに、王の厩舎迄の発達が必要と言う理不尽な雇用条件。

その癖維持費は70増し、ハンガリーもポーランド同様厩舎の発達に意味があまり無い。

弓系兵舎もあまり旨味が無く、せいぜいクロアチア戦斧兵や大盾槍兵をだす為に兵舎を発達させる必要がある位である。

逆に考えると貧弱な経済の中でも、投資を都市系に多く割り振れると言うアドバンテージがあるか…


添付ファイル: filemap_hungary.jpg 185件 [詳細] filehussars.png 194件 [詳細] filehungary.png 187件 [詳細] fileroyal_banderium.png 181件 [詳細] filemagyar_cavalry.png 191件 [詳細] filehungarian_nobles.png 199件 [詳細] filebosnian_archers.png 178件 [詳細] filecroat_axemen.png 197件 [詳細] filetransilvanian_peasants.png 200件 [詳細] filepavise_spearmen.png 196件 [詳細] filebattlefield_assassins.png 190件 [詳細] filedismounted_e_chivalric_knights.png 204件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-08-29 (月) 08:54:55 (1199d)