byzantium.png

種々の条件(or操作)でプレイ可能になる、南欧系の東方正教勢力。

首都コンスタンティノープル(大都市)・ニカイア(小都市)・テッサロニカ(大きな町)・コリント(城)・そしてはるか飛び地のニコシア(木の城郭)の5拠点で始まる。

map_byzantium.jpg

序盤から広大な領土を保有する反面ユニットの能力がイマイチと言う点で、神聖ローマに似た特徴を持つ国家。
特に槍兵や銃砲ユニットの性能は貧弱で、重騎兵も種類は多いが性能は微妙、非カトリックの為修道院騎士団での補填も出来ない。

ビザンティン護衛弓兵とバルダリオタイの弓コンビは優秀だが、周辺国にも同様な優良兵種が多く似たり寄ったり。
宗教はロシアとビザンティンだけの東方正教なので、どこへ侵攻しても常に宗教的不穏が発生する宿命。
また地理的に、キリスト国家とイスラム国家の中間に位置しており、ジハードだの十字軍だの何かと面倒に晒される。
中期以降はモンゴルの襲来にも警戒が必要だったりと、何かと苦労の多い国家である。

勿論、希望が一切無い訳ではない。
大半の領土が海に面しており、エーゲ海貿易を独占すれば神聖ローマの様な資金面での苦労は殆ど無い。
また首都コンスタンティノープルが最初から大都市なので、上位ユニットの雇用になるまでの道のりが短い。
比較的初期からコストに優れたビザンティン歩兵を、30~40ターンで待望のヴァランガー近衛隊を雇用可能になる。
ヴァランガー近衛隊さえ雇用できれば、歩兵戦での苦労は一気に解消される。

戦略

初期反乱拠点の制圧

ビザンティンの領土に隣接する反乱拠点はドゥラッツォ(村・3部隊)、ソフィア(木の城郭・7部隊)の二つ。

優先すべきはテッサロニカ北の城ソフィア、ここはハンガリーが南下してきて取られる可能性があるので、先に抑えておくと良いだろう。
ハンガリーに占領されるとそこを拠点に首都周辺にちょっかいを出されるし、城なので後々の制圧も面倒になる。

ドゥラッツォは陥とすのは容易いが、村の為初期人口がやたら少ない。
制圧するとシチリアかヴァネチアとの開戦は免れないのだが、発展が遅く補給もままならない。
防衛を優先してモットと柵に建て替えるか、その後の防衛を考慮した編成で制圧すると良いだろう。

飛び地のニコシアは初期兵士も少なく、資金が十分になるまでは放置しておくしかない。
資金があれば城までUGして、レバントへの進軍に足掛かりを築けるのだが・・・・
取り敢えずは城のままで農場と礼拝堂だけ作って放置で良いだろう。攻められたら頑張って守ろう。
もしくは思い切って都市に変更し、人口最優先で建設を進めよう。
運よく攻められずにビザンティン歩兵とカタパルトまで雇用可能になれば、以後も十分防衛できる。

後はエーゲ海貿易の独占を重視して反乱拠点を制圧。
各城は可能であれば都市に変更してしまっても良いだろう。
人口重視で建設を進めれば、序盤から海上貿易で十分な資金を確保できる様になる。

開戦〜VSヴェネチア

位置的に最も邪魔になる相手、イラクリオンを奪ってエーゲ海貿易のネットワークを完成してしまいたい。

ただ、イラクリオンは守兵も少なく攻めやすいがその西のラグーザ・ヴェニス攻めが難しい。

ラグーザはコリントから兵を出せるが、ヴェニスまで奪ってしまうと位置的に神聖ローマ・ミラノ・教皇庁を警戒しないといけなくなる。

ニコシアとイラクリオンの交換の交渉などしてみても良いだろう。

ただし、交渉する時にはヴェネチアの領土が4つ以上ないと大抵断られる(領土の価値は保有数に比例して乗数的に高くなる為)。

VSハンガリー

バルカン半島の領有権を狙って争う。ソフィアから北上してブランの城を狙うがかなりの強敵となる…

攻めるなら早めに。ブランの城から強力な兵が出てくる。

初期の戦力・財力を集中して15部隊程度の塊で突っ込めば何とか奪えるだろう。城さえ無くなればハンガリーは怖くない。

得られる旨味も少ないが…そのまま黒海南西岸一帯を支配すれば少しは変わるか。

また、敵がヤシなどに支城を得ていないか注意しておこう。支配拠点が都市系のみなら放置でOK。

VSトルコ

あまり積極的に開戦すべきでは無い相手。

トルコ保有の拠点で近いのはイコニウム(町)だが、この辺りは見通しも悪く、貿易の利も少ない。

むしろ外堀を埋めるようにスミュルナ・トレビゾンドと反乱拠点で奪われていない所を探し出して攻めて行こう。

いざ開戦したならば、相手も弓騎兵を出して来る。消耗戦覚悟で。

その後の拡張

西へ侵攻…イタリア半島攻め

ある程度経済力と、正規兵を出せる城を確保したらイタリア半島をアドリア海から船を使って攻めよう。

と言っても北から攻めると中々辛いので、南から攻めるのが上策。パレルモやチュニスの城を獲ってそこを起点に攻めれば戦線が短くて済む。

敵も海からショートカットして攻めて来るので、奪った拠点にはしっかり守兵を置いて防衛しつつ北上しよう。

敵のイタリア市民槍兵にはビザンティン歩兵などの剣盾歩兵が有効に働く。クロスボウ兵の排除は弓騎兵を突撃させる。

騎士隊が出てきたら弓騎兵で釣りたい所だが、うまくいかなければ弓騎兵を機動的な防壁として運用しよう。槍兵で壁を作っても良いが…

東へ侵攻…レバント奪取

トルコ、そしてその先のエジプトと戦うルート選択になる。

アナトリア半島は険しい地形の為、弓騎兵の機動力が生かしにくい。場所を選んで戦おう。

いっその事陸路の進軍はせずに海から最短距離で攻め、陸路でやって来るトルコ軍はスミュルナやニカイアで迎え討つと言う方法がある。

敵の動向を把握する為に、スパイを散らせておくことは必須。

トルコはビザンティンと同じく弓騎兵が多い編成なので、野戦での戦いは消耗戦となる。

兵站線の確保も重要。ここでニコシアを保持出来ていれば

バルダリオタイなどの補充も容易。

また同様に海軍も増強して常に優位を保とう。速やかな沿岸の移動には必須。

沿岸部からしみ込むように制圧してゆけば、経済も潤う。

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
市民兵
小都市
市民槍兵
大都市
民兵射手
巨大都市
-
高等建築
-
先進建築
-
夜警詰所
市民兵
哨兵詰所
市民槍兵
市衛兵舎
民兵射手
民兵演習場
ビザンティン歩兵
民兵舎
ヴァランガー近衛隊
--
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
----
-
ドロモン船
造船所
焼き討ち船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--
--石工ギルド
市民槍兵
上級石工ギルド
ビザンティン歩兵
石工ギルド本部
-
--
--商人ギルド
騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

城系

モットと柵
農民・スキティコン
木の城郭
ビザンティン騎兵

バルダリオタイ
城塞
ビザンティン槍騎兵・農民弓兵・ビザンティン槍兵
大城砦
-
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
ビザンティン槍兵
演習場
-
兵舎
下馬ビザンティン槍騎兵
武器庫
下馬ラティンコン
--
-厩舎
スキティコン
騎士厩舎
ビザンティン騎兵
男爵厩舎
ビザンティン槍騎兵
伯爵厩舎
ラティンコン
王の厩舎
カタフラクト
-
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
トレビゾンド弓兵
弓射撃場
ビザンティン護衛弓兵
---
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
----
-
ドロモン船
造船所
焼き討ち船
大造船所
ランターナ船
海軍大造船所
キャラック船
--

ユニーク建築

  • 聖像作家のスタジオ(大都市)/熟練聖像作家のスタジオ(巨大都市)

    …僅かに人口増加・治安にボーナスがある他、その地域での教会が発揮する改宗速度に1.5/2.0倍の倍率がかかる。

     聖職者の布教にも倍率がかかるかは不明だが、とりあえず改宗の大幅な助けにはなるだろう。東方正教はマイノリティだし…

     東方正教以外を信仰する勢力が手に入れた場合も、治安ボーナスなどはそのまま発揮され、改宗効果にも倍率がかかる。

     ここで待機すると
    • 教養のある男〜(人口増加・治安に+、高LVで権威+)
    • 審美眼を持つ男〜(指揮マイナス、高LVで人口増加・治安に+)

これらの特性が成長することがある。

  • 公衆浴場(大都市)/水道橋(巨大都市)

    …人口増加・治安に大きなボーナスがある、ビザンティン名物のユニーク建築。

     建築費も800/1600と破格に安い、そして付与特性がてんこ盛り。

     ここで待機すると
    • 健康な男〜(人口増加・治安に+、高LVで権威+)
    • 洗練された嗜好を持つ男〜(貿易に+、賄賂ボーダーにマイナス)
    • 浪費家〜(建築費大幅割引、賄賂ボーダーにマイナス、高LVで人口増加・治安に+)
    • 精力旺盛な者〜(士気+、高LVでは士気・騎士道・人口増加・治安マイナス)

これらの特性が成長することがある。

ユニット紹介

ビザンティン槍兵

byzantine_spearmen.png

守備隊兵舎(木の城郭)から出る槍兵。西洋の徴募槍兵に該当するユニット。

市民槍兵に比べ鎧が2段階UG可能(市民槍兵は1段階)とシルトロン隊形が組める。

反面、維持費が30高く無料維持不可とコスト面では負けている。

当然、全く強くないので使うならコストの安い市民槍兵で十分だろう。

但し、恐ろしい事にビザンティンではこのユニットが最強の槍兵である。

イングランドと並んで槍兵が貧弱…

ビザンティン歩兵

byzantine_infantry.png

民兵演習場(大都市)から出る剣歩兵。西洋の民兵剣士に該当するユニット。

士気はやや低いものの、攻防共に高く下馬騎士系以外が相手なら十分戦える。

民兵剣士や都市民兵と違い無料維持が出来ないのは非常に残念だが、それでも雇用維持400/125と安価。

コンスタンティノープルは最初から大都市なので、兵舎さえ建ててしまえば極初期から雇用できるのも強み。

ヴァランガー近衛隊を雇用出来るようになる過程で出現するので投資も無駄にならない。

尚、城からは殆ど同じ能力の下馬ビザンティン槍騎兵が出現する。

ビザンティン歩兵との違いは、鎧2段階UGが可能だが雇用費40と維持費が25高く突撃も1低い。

下馬ビザンティン槍騎兵の次は下馬ラティンコンが出現するが、こちらもヴァランガー近衛隊に劣っている。

この為、総合的に見てこのビザンティン歩兵の方が有用。

兵舎は城では一切発展させずに、都市でだけ発展させた方が良いだろう。

トレビゾンド弓兵

trebizond_archers.png

射撃練習場(城)から出る中位の弓歩兵。

城と言う早い段階で出せるのにも関わらず、長射程・間接攻撃力9・そこそこの近接能力(攻守8/7)。

雇用維持費も460/150と高くないので使い勝手が良い。

士気は低く近接には頼りないが、序盤の弓兵としては充分な性能である。

白兵戦能力が必要であれば、次の建築でビザンティン護衛弓兵が出せるようになる。

ビザンティン護衛弓兵

byzantine_guard_archers.png

弓射撃場(城塞)から出る重装備の弓歩兵。オスマン歩兵とよく似た性能だが杭は打てない。

上級射撃場まで建てなくて良いので建設コストは幾分安価(上級射撃場はそもそも建たないが)。

適度な鎧と剣、高い士気のおかげで白兵戦もこなせる。

雇用維持費は710/175と安くはないが、近接間接どちらにも使える便利な兵種である。

ただし弓の腕前は並なので他国の精鋭弓兵と真正面から撃ち合う際には注意したい。

大盾クロスボウ射手・冒険家部隊・ジェノヴァクロスボウ射手などの精鋭クロスボウは威力12~14+AP。

スコット護衛兵やロングボウ従士射手は威力9だがAP効果がある。

APの無いドボル騎兵は威力11、イェニチェリ弓兵は威力10。

オスマン歩兵やヴェネツィア弓兵は同じく威力9のAP無しだが、雇用維持費共に安価。など…

ヴァランガー近衛隊

varangian_guard.png

民兵舎(巨大都市)から出る、ビザンティンどころか全勢力でも屈指の強さの重歩兵。

両手斧を片手で振り回すという暴挙(設定ミス)で攻撃力20+AP突撃6という驚異の攻撃力を発揮。

本来は使用出来ないはずの小型盾を持つ為に総防御力も15に達する。

持久力や士気も高く、同様な攻撃タイプ重歩兵のヴェネツィア重装歩兵を全体的に凌駕する。

最強の歩兵である下馬コンキスタドーレや下馬騎士が相手でも突撃の結果次第では優位に立てる事すらある。

ただし、突撃では敵を薙ぎ倒してくれるが、両手斧の攻撃モーションが劣悪なせいで、殴り合いでは数値どおりの活躍は見せてくれない。過信は禁物。

このユニットが出ればビザンティンは一気に城攻めが楽になるだろう。

しかも雇用維持費は520/175ととても良心的。槍兵も全部これに変えてしまって構わない。

ビザンティンの歩兵はこのヴァランガー近衛隊とビザンティン護衛弓兵のコンビが最強となるだろう。

騎馬民兵

greek_militia_cavalry.png

商人ギルドから出る、西欧の商人騎馬民兵の代替兵種。ロシアのそれの様に民兵演習場からは出せたりせず、商人ギルドのみから出る。

スペックはロシアの騎馬民兵と同じ感じで(微妙には違ってるが)守備が薄く攻撃が強い。

商人ギルド系かは出る兵種はいずれも無料維持可能・中速・攻守は低い。

イタリア系(ヴェネチア・ミラノ・シチリア・教皇庁)の騎馬民兵のみ鎖かたびら騎士並の攻守、ただし士気は低く雇用価格もちょっと高い。

ビザンティンにおいて騎兵は数多く出るが、無料維持できる騎兵はこれだけなので一定の位置は占められるだろう。

スキティコン

skythikon.png

城系、すなわちモットと柵から雇用できる基本の弓騎兵。

盾も鎧も持たない軽装の弓騎兵で、快速だが守備力が皆無。矢の威力も弱い。

足は遅くなるが近接が強いビザンティン騎兵と使い分けよう。

まぁ、城が出来るだけで快速・高士気・攻守高いバルダリオタイが出るのだが…こちらは高雇用維持費なのがネックか。

ビザンティン騎兵

byzantine_cavalry.png

木の城郭から出る弓騎兵。ビザンティンは城がUGするたびに上位の弓騎兵が勝手に追加されて行くので弓騎兵出し放題。

城の時点で弓騎兵系は全て揃う。

ビザンティン騎兵は中位の弓騎兵で、そこそこの重装甲で快速では無くなっているが近接は強化されている。

重装スキティコンと言うと判りやすいだろうか。

装備が良いだけスキティコンより雇用費が150高い(維持費は同じ)。

まぁ城にUGすればすぐに全てにおいて上回るバルダリオタイが出るのだが…雇用維持費に拘らなければ、バルダリオタイ以外の弓騎兵は不要になる。

バルダリオタイ

vardariotai.png

ヴァランガー近衛隊と並び称される、ビザンティンどころか全勢力最強の弓騎兵。

城が有るだけで出せ、ハンガリー名門騎兵と良く似るがこちらが微妙に優れ、足の速さでも勝る。

ロシアのドボル騎兵には負けるが、彼らは鈍足なのでこちらの快速のバルダリオタイの方が有用だろう。

射程の長さと快速を活かせばどんなユニットも追いつけない厄介なユニットである。

後方からの嫌がらせ以外にも、騎兵の追撃や軽歩兵を蹴散らしたりと攻守に重宝する。

ただし弓騎兵の為活躍出来るのは野戦限定。拠点攻め・防衛では有用度は半減。

またジネテスと違ってAP効果は無いので、重装甲な相手には中々ダメージを与える事が出来ない。

クロスボウ兵や上級弓歩兵にも十分な警戒が必要である。

当然、そこはそれぞれ得意な兵種と分担し、野戦を中心に得意分野で働かせてやろう。

下馬ビザンティン槍騎兵

dismounted_byzantine_lancers.png

演習場(城)から出る士気は低いものの、安価でそこそこの性能の重歩兵。槍ではなく剣で戦う。

ビザンティン歩兵の項でも説明したが、都市から出るビザンティン歩兵と殆ど性能が同じ。

ビザンティン歩兵との違いは、鎧2段階UGが可能だが雇用費40と維持費が25高く突撃も1低い。

強さよりもコストパフォーマンスの良さが売りの兵種なので、この微妙な増額が痛い。

またビザンティン歩兵はヴァランガー近衛隊を雇用する過程で登場する為、建築の無駄も無い。

城から出る下馬ラティンコンも十分に強いのだが、ヴァランガー近衛隊と比較すると見劣りしてしまう。

結局、ビザンティン槍騎兵は騎乗も下馬も殆ど使う事の無いユニットである。

せめて下馬後も槍を構えてくれれば住み分けも出来ただろうに・・・

恨むなら剣を選んだ自分かヴァランガー近衛隊の小盾を恨むがいい・・・・

ビザンティン槍騎兵

byzantine_lancers.png

城塞が有るだけで出る重騎兵、だが…

通常西欧の多くの国ではここで封建騎士が出る所だが、代わりのビザンティン槍騎兵は鎖かたびら騎士以下の性能。

攻守突撃士気に劣り、この段階で出すには厳しい能力の兵種。普通城から出るバルダリオタイの方が近接でも有用と言う…

ビザンティンは城をUGさせるだけではバルダリオタイ以外あまり有用な兵種は雇えない。

兵舎系の発展が必須の為、初期投資にコストが嵩む。

その分揃えれば、剣弓騎兵と良質な者が揃うのだが。ただし火薬系兵種と槍系については最後まで貧弱なまま。

下馬ラティンコン

dismounted_latinkon.png

武器庫(大城砦)まで発展してようやく出せるようになる待望の士気の高い重歩兵。

性能としては完全に西欧の下馬封建騎士、頼りになる。ただし雇われなので雇用費が60高い630、維持費は225で変わらず。

ただ、都市から出るヴァランガー近衛隊が攻守突撃士気果てはコストまで完全に優越する…勝てるのは守備の高さのみ。

それでもヴァランガー近衛隊の方が圧倒的に有用、いっその事城系兵舎は発展させずに弓兵と騎兵の建築に投資するのも有りだろう。

槍兵は市民槍兵が勢力最強クラスになってしまっているし、重騎兵もバルダリオタイである程度代用可能。

ラティンコン

latinkon.png

西欧の封建騎士代替、伯爵厩舎(大城砦)から出る。

能力コストその他全て封建騎士に準拠、違うのは鎧が軽い為守備が1だけ低いのと、その恩恵で中速機動を手に入れていること。

さらに最精鋭の突撃8を持ち、突撃の破壊力はビザンティンの他の兵種に大きく勝る。

上位のカタフラクトよりも、こちらの方が何かと扱いやすい事が多いだろう。

さすがにコンキスタドーレやキリスト教徒護衛兵などには大きく見劣りするが、使いやすい中速重騎兵である。

修道院騎士団など西側の精鋭騎士達に能力が劣るので、重騎兵にまともにぶつける事も控えたい。

脚の早くなった封建騎士、程度の扱いで良いだろう。

カタフラクト

kataphractoi.png

王の厩舎から出るビザンティン最高の重騎兵。

…だが実力としては微妙…ラティンコンが鈍足になり、突撃技能も弱体化、近接にAP能力が付いただけ。

ビザンティンの重騎兵は微妙なのが多いが、カタフラクトは微妙な重騎兵の代表格。ラティンコンで済むだろ…

と言う感じのスペックであり、ここ迄厩舎を発達させる投資をするなら、ヴァランガー近衛隊を出せるように投資する方が良いだろう。

将軍の護衛兵

greek_bodyguard.png

西欧やロシアの将軍護衛兵と違い、ビザンティンの将軍護衛兵も少し様式が異なる。

異なると言っても基本的な「HP2の精鋭重騎兵」と言うのは変わらず、突撃能力が微妙に低い感じ。

それでもラティンコンやカタフラクトを凌ぐ攻守士気であり、序盤においてはやはり強力な能力。

ただ、カタフラクトのようにAP能力も持たず、後期の装甲進化もこのビザンティン将軍護衛兵には例外的に無い。


添付ファイル: filemap_byzantium.jpg 170件 [詳細] filegreek_bodyguard.png 204件 [詳細] filelatinkon.png 188件 [詳細] filebyzantine_lancers.png 179件 [詳細] filebyzantium.png 176件 [詳細] filekataphractoi.png 190件 [詳細] fileskythikon.png 197件 [詳細] filegreek_militia_cavalry.png 194件 [詳細] filebyzantine_cavalry.png 190件 [詳細] filevardariotai.png 183件 [詳細] filetrebizond_archers.png 180件 [詳細] filebyzantine_guard_archers.png 199件 [詳細] filebyzantine_spearmen.png 182件 [詳細] filebyzantine_infantry.png 183件 [詳細] filevarangian_guard.png 172件 [詳細] filedismounted_byzantine_lancers.png 177件 [詳細] filedismounted_latinkon.png 186件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-19 (火) 16:04:14 (669d)