poland.png

種々の条件(or操作)でプレイ可能になる、東欧系カトリック教国。

内陸の首都クラクフ(大きな町)・その東のハリチ(木の城郭)の2拠点で始まる。

map_poland.jpg

初期から収入に乏しいが、城系を発展させて行くだけで兵種が一通り揃うのが強み。

特に騎兵において卓越しており、重騎兵の他投射系騎兵も揃う、フランスをも凌ぐ騎兵強国。

ただし弓歩兵において少し弱い。杭を使えるリトアニア弓兵は強みだが…

戦略

周辺反乱拠点の平定

初期の此方の戦力は、ヴィスワ川中流の首都クラクフに5部隊、その東にある支城ハリチに4部隊と少ない。

周りには8の反乱拠点と、南にハンガリーのブタペスト(大きな町)・ブラン(城)が存在する。

初期戦力は少なく、逐次戦力補強を計りつつ反乱拠点を他勢力に獲られる前に奪っていかなければならない。

西側方面

競争率が高く、まず兵士を回すべき方面。ここから西に伸びていけた分だけ、西側の南北境界線を決められる。

バルト海への拡張を睨むならまず支配すべき地域。

首都クラクフの北西にプレスラウ(村・4部隊)、東にプラハ(大きな町・5部隊)の二つの反乱拠点がある。

プレスラウは価値の低い特産物一つ、村の為発展にも時間がかかり利益を得るには少し時間がかかる。

プラハは特産物は三つ、価値は低いが規模が大きい事もありそこそこ利益が期待できる。

ただこの方面は神聖ローマとの取り合いになり易く、その過程で関係を悪化させていると開戦の恐れがある。

初期の神聖ローマの兵種は怖くはないが、国の規模の大きさから物量戦で不利になる。この為神聖ローマとは初期に同盟を結んでおくのが得策。

そうで無くても相互貿易権は結んでおこう。そうすればこの2拠点からの貿易ネットワークが広がる事になる。

資金力とも相談になるが、プレスラウは即座にモットと柵に転換→木の城郭にUGするだけで農民・ストルゼルキ・(下馬)ポーランド名門兵が雇用出来る様になる。

西側の正規兵供給拠点が手軽に出来上がり、その後の防衛が楽になる。北のシュテッチン・トルンを手に入れても町に転換出来る。

この2拠点は海沿いなので城にしておくには勿体無い…

マクデブルグの木の城郭まで手に入れればそこが拠点になるが…流石にそれは厳しいか。

北方方面

競合相手はロシアになるが、ロシアはノヴゴロド一拠点で北や東に伸びがちなのであまり急ぐ必要は無い。

西側が落ち着いてからの拡張で良いだろう。

クラクフの北にトルン(木の城郭・4部隊)、ハリチの北にビリニュス(モットと柵・9部隊)がそれぞれ存在する。

トルンは後々バルト海貿易で重要になる拠点、兵力も大した事無いので楽に手に入れられるだろう。出来れば都市にしたい所だが…

対してビリニュスは兵力が反乱拠点にしてはとても多く、攻め落とすのは並大抵の事では無い。獲ってもあまり旨味が無い場所…

ただ、城をロシアに獲られると、そこから正規兵の雇用を許す事になる。

まあ、ここを獲ったとしてもその東にはスモレンスク(木の城郭)が有るのだが…

ここらはあえて攻め込まずに初期のハリチを防衛拠点にしても良いだろう。ロシアに獲らせた方が守兵も少なくなる場合が殆どだ。

東側方面

特にハリチ南東のヤシ(モットと柵・4部隊)はハンガリーのブラン城からの出兵に遭い易い。東部方面に次いで早めに出兵しておきたい。

ヤシは港を持つので、ハリチから充分に守兵を供給したら町に転換するのもあり、その為モットと柵からUGせずにストルゼルキのみ雇用して

ハリチから下馬ポーランド名門兵を供給してもらおう。その後に町に転換して港を作ろう。ビザンティンまたはハンガリーと相互貿易権を結んでおけば、海上貿易が始まる。ヤシには特産物が無いので利益は微妙だが…

利益を狙うなら、ハリチ東のキエフ(大きな町・8部隊)、その南東のクリミア半島の拠点のカッファ(村・3部隊)を狙おう。

特産物に虜囚を2つずつ持ち、貿易の利益も、商人を配置した時の収入もそこそこ。ただキエフはかなり兵力が多い為、カッファから陥とすのもありか。とにかくヤシを奪ってしまえばあとはゆっくりできる。

他国との戦争・同盟

VS神聖ローマ

西側に伸びて行く上で必ず国境を接する事になる。

初期兵種は弱いが物量が多く、開戦したとしても領土に魅力が無い。

他方面に伸びて行く際、背後を守る意味で同盟を組んでおくべき相手。北海貿易進出の妨げになる場合も有るが…

その場合でも、開戦前には同数程度の拠点を有しておきたい所。

VSハンガリー

ポーランドと南北を分かち対峙する勢力。

だが、その国境はカルパティア山地が仕切り様子を伺うのもままならない。

更に初期兵力は、ハンガリー首都のブダペスト(大きな町)に野戦軍併せて11部隊。支城のブラン(城)には野戦軍併せて10部隊。

兵種も似ている為急襲しても敵わない。さらにこの2拠点を奪ってもあまり旨味がないと言う…城は欲しいが。

カトリック同士争っても教皇様の心証が悪くなるので、争うのはオススメしない。同盟を結ぶか、それが後々の枷になりそうなら相互貿易権だけ結んでおこう。

初期の拡張が済んだら

反乱拠点を手に入れる内に、バルト海や黒海に伸びている事だろう。また、西側諸国に侵略を行う地力も付いてきているはず。

利益を求めて、聖地を求めてどこに伸びるかの選択肢は他の勢力に比べ、ポーランドは格段に多い。

さらに東に向け侵攻…

ロシアと睨み合いをしながら、黒海北岸を順次制圧してトルコやビザンティンとの貿易を強化してゆく。

が、此方は敵は少ない代わりに利益も少ない地域。黒海の対岸をトルコやビザンティンが支配していないと相互貿易権を結んでも意味は無い。

黒海周辺をすべて支配してしまえば良いのだが、それもかなりの苦労となる…

そしてこちらに伸びる事は、そのままキリスト教勢力共通の目的の聖地エルサレムにも近くなると言う事。

更には、いつか来るモンゴルやティムールの脅威にも近づく事になる。

北に向け侵攻…

バルト海の貿易権掌握の為に、デンマーク・ロシアと開戦する。

ロシアとは似たもの同士の兵種、デンマークはオフェンシブでゴリゴリ押して来るものの、弓兵が弱い為投射騎兵を活用すれば

同数の戦いでは有利に進められる事であろう。

デンマークは拡張していてもオーフス・ハンブルグ・マクデブルグ・オスロ・ストックホルム程度、この辺りを獲れればデンマークは駆逐出来る。

ポーランドは拠点攻めが苦手な兵種ばかりだが…

ロシアの方が厄介な敵となる。野戦では似た様な投射騎兵を駆使してくる上、東部に広がる拠点は広大でモスクワ辺り迄拡張されていると

追撃するのも面倒。

ノヴゴロド・ヘルシンキ・リガ辺りまで領土を奪ったら拡張を止めた方が賢明かもしれない。スモレンスクまで奪って守兵を出せる態勢を整えても良い。

南に向け侵攻…

バルカン半島の掌握を目的として、カルパティア山脈を越えブラン・ブダペストを侵略する。ハンガリーと開戦する…

似たもの同士の戦いの為、消耗戦になる。その為戦力供給が必須事項。黒海西岸添いから攻め入り、ブランから城を奪う事を心掛けて侵攻しよう。

ハンガリーの投射騎兵は城から出る、城を奪って行く戦略が極めて有効に働く。狙うべき城としてはブラン・ソフィア。この辺りに城はそれしか無い。

更に南下しバルカン半島のディナール山脈以東を掌握しようとすると、ビザンティンとの開戦も避けられない。

戦略的には対ハンガリーと同じく、強力な正規兵が出る城を奪うのが有効になる。

その後は小アジアに進むか、イタリア半島に進むかは自由。

西に向け侵攻…

バルト海の権益確保と並行して、北海沿岸を狙い利益の拡大を狙う。

オーフス・ハンブルグ・オスロなどは発展と共に世界有数の高収益国になる。それはバルト海貿易と北海貿易の双方に跨る拠点である為。

ポーランドに欠けがちな経済力を手に入れるには、位置的にこの二大貿易圏に手を付けるのが好ましい。

北部侵攻と併せて西部に侵攻する事が最も望ましい…逆に神聖ローマ領に食い込んで行くのは内陸地である為利益も少なくオススメ出来ない。

ただ、沿岸沿いに伸びると間違い無く神聖ローマやフランス、イングランドから目を付けられる。

城も少ない為継続的に兵の供給を行わなければならない。兵站線の確保が大切。

だが旨味のある戦略だろう…苛烈な道を行きたければ進むべき。

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
市民兵
小都市
市民槍兵
大都市
クロスボウ民兵
巨大都市
ハサー
高等建築
-
先進建築
-
夜警詰所
市民兵
哨兵詰所
市民槍兵
市衛兵舎
クロスボウ民兵
民兵演習場
ハルバード民兵
民兵舎
射撃手
陸軍兵舎
火縄銃兵
-
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
オルガン砲
大砲鋳造場
鋳造砲・サーペンタイン砲
--
-
コグ船
造船所
ホルク船
大造船所
ホルク砲船
海軍大造船所
キャラック船
--
--石工ギルド
市民槍兵
上級石工ギルド
ハルバード民兵
石工ギルド本部
-
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--
--商人ギルド
商人騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

城系

モットと柵
農民・ストルゼルキ
木の城郭
(下馬)ポーランド名門兵

-
城塞
ポーランド従士騎兵・農民弓兵・きこり隊
大城砦
(下馬)ポーランド騎士
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
きこり隊
演習場
槍兵
兵舎
-
---
-厩舎
ストルゼルキ
騎士厩舎
ポーランド名門兵
男爵厩舎
-
伯爵厩舎
ポーランド従士騎兵
王の厩舎
ポーランド衛兵
-
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
リトアニア弓兵
弓射撃場
リトアニア騎兵
---
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
オルガン砲
大砲鋳造場
鋳造砲・サーペンタイン砲
--
-
コグ船
造船所
ホルク船
大造船所
ホルク砲船
海軍大造船所
キャラック船
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--

ユニーク建築

  • 印刷所(大都市)/出版所(巨大都市)

    …治安・人口増加に軽微なブーストを掛けるとともに、穀物取引所/催事場を建てた時と同じ程度の貿易追加効果。

     待機時に「教養のある男(権威+)~」特性が育つ。ここで雇用するスパイにも「偽造書類」が付いて能力が初期から高い事がある。

    時期を選べば勢力限定でユニーク従者も付く。
  • 城内図書館(大城砦)/学士院(高等建築)

    …城内図書館からはスパイ・外交官、学士院からは暗殺者が雇用可能になる。

     ユニーク建築で雇用出来る兵種は、他勢力では出せないが、これらは共通の工作員なので他勢力でも雇用可能。

     ここで待機すると「数字の才のある男(攻城兵器の建造ポイント・貿易収入+)」・「洗練された男(権威+)」・「有望な戦術家(指揮+)」また従者として司書(信心+)が付く事がある。

     また、この建造物がある拠点で成人を迎えた場合、「頭の良い男(指揮・貿易収入・税収+)~」が稀に付く事がある。

ユニット紹介

きこり隊

woodsmen.png

ポーランドとロシアが雇用出来る、安価な両手武器歩兵。

守備隊兵舎(城)から雇用出来、人数辺りの維持費は農民と同等(流石に雇用費は1.5倍程度必要だが)。

序盤にしては破格の攻撃力13AP属性付き。突撃も4と高い。ただし装甲は紙の中の紙。

とにかく数で勝負。通常の兵の倍ぐらいは雇っても養える。ひと塊りにして士気を低下させない様気をつけながら運用すれば

下馬封建騎士並の働きとは行かずとも、他勢力に大きくアドバンテージを得られるだろう。

リトアニア弓兵

lithuanian_archers.png

射撃練習場(城)から出せる、中位の弓兵。

何と杭が使える。

実力としてはイングランドのロングボウ射手と同程度、やや守備が高いパラメータになっている。

弓矢の威力は1低く、AP属性は無い。さらに射程も並の120mと、比較にならないほど弱い。農民弓兵と同じ程度だったりする…

だが、ポーランドは長射程の弓歩兵がいない為、これかクロスボウ民兵かの二択となる。

終盤まで使うには厳しい性能、その分は弓騎兵で補うか傭兵を利用しよう。

リトアニア騎兵

lithuanian_cavalry.png

弓射撃場(城塞)から出る平均的な性能の弓騎兵、なぜか他の弓騎兵より射程が20m短い100m。あまり気にならないが…

大体のカトリック勢力は上級射撃場(大城砦)までUGする事で騎馬クロスボウ射手が雇用出来る様になる。

が、ポーランドはその一段階下の弓射撃場からでも性能的に遜色の無いこの兵種が出る…が

城系拠点からは、何もせずとも後述のストルゼルキが雇用可能。

その為弓系への投資は射撃練習場迄にして、兵舎系(槍兵の雇用)と人口増加に投資を振ろう。

ストルゼルキ

polish_shooters.png

城系、すなわちモットと柵以降ならどの段階でも出せるポーランド自慢のクロスボウ騎兵。

他勢力なら弓系の兵舎を最高の上級射撃場(大城砦・9600)まで発展させなければならないところだが、ポーランドはそれが全く不要。

攻守士気はほぼ同等、盾を持っているため少し守備が高く、雇用維持費も序盤では手が出ない…と言うほど高くは無い。

更に、クロスボウの為にAP属性を持ち、おまけに近接でもハンドアクスを振るうためAP攻撃可能。

全勢力で初期に雇用出来るユニークユニットの中では破格の性能。AP属性のため終盤まで充分に通用する。

士気は低いので注意…挟撃作戦などに使うと、敵に怯えて逃げ出してしまう事もある。基本的にアウトレンジから戦わせよう。

槍兵

ee_spearmen.png

重装長槍兵互換その1、演習場(城)から出る。

能力や構成人数、雇用建築が重装長槍兵とほぼ同じで、コストはやや安い。

だが木の城郭の建築だけで出せる下馬ポーランド名門兵が同じ能力を持つので、わざわざ兵舎を発達させる意味は…

一応、下馬ポーランド名門兵より構成人数が多かったり、シルトロン隊形が使えたりと有用な所は多い。

また、鎧職人があれば多段UGの結果、強化後の防御は2兵種とも同一になる。

さらに、騎兵への攻撃力ボーナスは槍兵の方が高いと言う…

能力を突き詰めて使うならこちらの方が優れていると言う結果になる。

下馬ポーランド名門兵

dismounted_polish_nobles.png

重装長槍兵互換その2、木の城郭が有るだけで出せる。

名前的に下馬封建騎士っぽい感じで士気が高そう…と思いきやそんな事は無かったり。重装長槍兵と本当に瓜二つのステータスである。

ただし、シルトロン隊形が使えない。これはあまりデメリットにはならないか。

得物が短い槍の為、騎兵への攻撃力ボーナスが市民兵程度しか得られない、これは大きな短所…

ただ、槍兵と違い「持久力が高い」特性がある。疲労による攻守士気の低下を幾分か抑える事が出来るだろう。

雇用維持費も他勢力の重装長槍兵より僅かに優越し、ポーランドは初期から前線を任せられる槍兵が揃う。

上述の槍兵は、下馬ポーランド名門兵に比べて維持費が15安い、またシルトロンが使える。

ステータスはほぼ同じなので、兵舎系の発達はあまり要らないか。

ポーランド名門兵

polish_nobles.png

ストルゼルキと双璧を為す、ポーランドの固有兵種。重武装の投槍騎兵であり、木の城郭が有るだけで出せる。

ジネテスほど脚は速くはないが鈍足と言うわけでもなく、有る程度の機動力はあり接近戦も鎖かたびら騎士並にこなす。

ランスを持っていない為突撃の威力には劣るが、軽歩兵や弓歩兵なら充分蹴散らせる。問題は雇用費が800と高額な事…

維持費は210と鎖かたびら騎士よりは安いのだが、このお陰でそうそう数を用意出来ない。

序盤の貴族会議提示の任務報酬で、ポーランド名門兵4部隊が配備されたらラッキー。各地に散らし活躍させよう。

投槍は射程が短く、本数も8しか無い。その分攻撃力も高いのだが…ストルゼルキと分担させて、効率的に運用しよう。

ポーランド従士騎兵

polish_retainers.png

城塞があるだけで出せる強力な重騎兵。

ポーランドは騎乗の封建騎士が出ない為、その互換となる。出る建物も同じ。

名前は従士だが、士気は高く攻守も封建騎士に遜色無い。

加えて中速であり、機動的な攻撃が可能ありながら、破壊的な突撃力を持つと言う有用なユニット。

似たようなコンセプトのコンキスタドールやノルマン騎士、キリスト教徒護衛兵には劣るがそれでも良い性能。

そして雇用費・維持費がかなり良心的…(650/175)

中盤までは騎兵はこのユニットで充分に事足りるだろう。最精鋭の騎士団が欲しいのなら厩舎の発達(または修道院騎士団の誘致)をしなければならないが。

ハサー

hussars.png

厩舎の発達では出ず、巨大都市から出るユニット、民兵では無い為無料維持は不可。

ポーランド従士騎兵を一回り上回る性能だが、突撃だけは2下がっている。

同じ中速であり機動的な攻撃が可能。巨大都市から出せるので緊急の招集がかけやすい事が利点。

常備軍としても悪くない。最精鋭のポーランド騎士やポーランド衛兵、修道院系騎士団は鈍足の為敵の将軍捕獲が困難な時がある。

ハサー(または投射騎兵)を混ぜておけば、そういう事態にも難なく対処できる。

下馬ポーランド騎士

dismounted_polish_knights.png

大城砦から出る、下馬騎士道騎士代替の兵種。

完全に能力はコピーであり遜色無い。だがこの兵種が出る迄ポーランドは士気の高い重歩兵が全く出ない。

その為拠点攻めに苦労するだろう…逆に大城砦が出来た時ほど嬉しい事は無い。

ポーランドは城の発展のみで、剣槍騎兵で良質な者が揃う。

兵舎と厩舎の発達にあまり意味が見出せない…弓系兵舎も、LV2の射撃練習場を作ってリトアニア弓兵(杭)を出せる様になればもう発展の意味は無い。

人口増加の為に、礼拝堂と農場の建設を最優先にした方が良いだろう。可能であれば騎士道の高い将軍も駐留させたい。

ポーランド騎士

polish_knights.png

下馬兵とセットで、大城砦から出る重騎兵。

他勢力の騎士道騎士代替だが、守備力が1高い。雇用費も少しだけ安かったりする。

鈍足以外は欠けるものの無い最精鋭の騎兵であり、スペックでは修道院系騎士団と同等。この為ポーランドは

修道院系騎士団の誘致が必須ではなくなっている。

さすが騎兵の国…

ポーランド衛兵

polish_guard.png

王の厩舎が必要な、騎兵の国ポーランドの最精鋭。

…なのだが、大城砦が有るだけで出せるポーランド騎士とスペックがほとんど変わらない。その癖維持費が70も高くなっている。

厩舎への投資は王の厩舎まで作るとなるととても高額。コレクター向けユニットだろう…

城系拠点はとにかく人口を増やす事に務め、さっさとUGするのがポーランドでの兵種強化のコツ。

浮いたお金で都市系の貿易強化をしよう、経済的にも序盤からしばらく辛い。


添付ファイル: filemap_poland.jpg 134件 [詳細] filepoland.png 160件 [詳細] filepolish_nobles.png 154件 [詳細] filepolish_guard.png 141件 [詳細] filepolish_retainers.png 161件 [詳細] filepolish_knights.png 136件 [詳細] filelithuanian_cavalry.png 132件 [詳細] filehussars.png 160件 [詳細] filepolish_shooters.png 149件 [詳細] filelithuanian_archers.png 155件 [詳細] fileee_spearmen.png 146件 [詳細] filedismounted_polish_nobles.png 157件 [詳細] filedismounted_polish_knights.png 156件 [詳細] filewoodsmen.png 158件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 22:11:45 (2243d)