papal_states.png

特殊なファイル操作でプレイ可能になる、カトリック教国の総本山。

首都ローマ(小都市)のみの拠点から始まる。

map_papal_states.jpg

ここではプレイ時の教皇庁の紹介でなく、他勢力から見た場合の教皇庁について説明する。

兵種としてはイタリア半島都市国家として、強力なイタリア市民槍兵や大盾クロスボウ民兵などを擁する。

他のユニットも似たような感じで、重装甲の兵が多く機動力に欠ける。

ユニークユニットの教皇護衛隊やスイス衛兵は強力だが…戦って勝つのはそう難しい事は無い。

ただ、その後の破門や十字軍が脅威。イスラム国家や東方正教国家は破門は関係ないが…敵対していると十字軍を差し向けられる事がある。

教皇庁について

基本的な教皇庁の動向

ローマだけで満足している時もあれば、周辺に拡大している場合もある。

ひどい時はシチリアやミラノヴェネチア神聖ローマなどと全方位交戦状態、おお神よ!荒ぶる御魂を鎮めたまえ。

まぁ、交戦相手は例外なく破門なのでこちらもターゲットにさせてもらおう。破門国家はカトリックに非ず。

一方的に攻撃しておいて逆らったから破門とか度し難いが…

因みにCPUは破門されて治安が低下しても、場合によっては不思議な力が働いて治安が上昇したりする。

特に残り拠点が1つとかになって滅亡の危機に瀕した時に発動する事が多いような気がする。しない事もあるが。

CPUも破門されっぱなしでは無く、一応金を積んで和解したりする事もあるようだ。代替わりしていないのに急に破門が解かれたりする場合は間違い無く金である。

カトリック教国どうしが喧嘩を始めると、直ぐに嗅ぎつけて停戦命令を出して来る、無視すると信頼が一気に落ち、破門される危険も。

特に、教皇からの信頼がとても低い勢力が、教皇からすごく気に入られている勢力を攻撃した場合、即座に停戦命令が飛んでくる場合が多い。

拠点を攻めて1ターン強襲しようとした場合にこれで止められるとストレスがマッハ。

この「信頼の差」が停戦命令の飛んで来る確率に関係する。教皇の信頼の上下については「戦術」ページを参照すべし。

教皇庁への対応

教皇庁と敵対するか、融和するか。

カトリック以外の勢力であれば、融和の必要は無いだろう。教皇庁はただの小国に成り下がる。

カトリックの場合は、まだ国力が育たない内は融和または中立的政策は必須。破門ペナルティだけで無く十字軍ターゲットは

序盤において非常に危険。

世界制覇を目指すのであれば、ある程度国力がついた時、周りの全勢力を敵に回す覚悟で教皇庁を強襲しよう。

教皇庁は絶対に滅亡しない為、ローマ他全教皇庁領を奪取しても、最後の一兵まで敵となる。

教皇はターン毎に枢機卿から選出されるので、常にローマ付近に現れる事になる。姿が見えなければ森に隠れている。

ただ、配下を全滅させていれば武力は教皇の護衛隊のみなので、もはや攻撃される心配は無い。

しかしこの状態でも生意気に停戦命令・破門攻撃はして来る。これを無力化する為には金を払って和解停戦するか…

教皇を暗殺or武力殺害して、次のターンの教皇選挙で自国の枢機卿を教皇に当選させるか。

自国枢機卿が教皇座についた場合、勝手に教皇庁と和解+停戦+信頼関係MAXになる。

例え前教皇が自国の出身であったとしても…

ともかく、この為自国出身の枢機卿を多くしておく戦略は重要になってくる。

信心の高い神父が枢機卿に昇格し、その中の上位3名が教皇選挙に選出される為、積極的に神父を異教の地に送って改宗させよう。

神父の信心を上げるにはとにかく改宗の実績を積ませる事が近道、旅をさせて道すがらどんどんイスラムや東方正教を食って行こう。

また、一人より多人数で改宗を行った方が効率が良い。1人で1ターンの間に5%の布教率を上げた場合は

その神父1人に5%の布教実績が付くが…1つの地域に5人の神父を投入して、1ターンの間に10%の布教率を上げた場合はその5人に

それぞれ10%の布教実績が付く。

また、布教率の上昇度合いは自国の宗教が0に近い所ほど大きくなる。逆に自国の宗教が95%の布教率とかだともうパイがない為

実績の得ようが無い。

この為、やはり遠くのイスラム国家などに大宣教団を組ませて行くのが、信心を上げる基本となる。

雇用可能な兵種

都市系

※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。


-
大きな町
イタリア民兵
小都市
イタリア市民槍兵・教皇護衛隊(※)
大都市
大盾クロスボウ民兵
巨大都市
ランツェ・スペッツァーテ
スイス衛兵
高等建築
-
先進建築
-
夜警詰所
イタリア民兵
哨兵詰所
イタリア市民槍兵
市衛兵舎
大盾クロスボウ民兵
民兵演習場
ハルバード民兵
民兵舎
射撃手・パイク民兵
陸軍兵舎
火縄銃兵
-
-バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
---
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
臼砲・オルガン砲
大砲鋳造場
カルバリン砲
--
-
ガレー船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ガレアス船
海軍大造船所
キャラック船
--
--石工ギルド
イタリア市民槍兵
上級石工ギルド
ハルバード民兵
石工ギルド本部
パイク民兵
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--
--商人ギルド
騎馬民兵
上級商人ギルド
-
商人ギルド本部
-
--

※教皇護衛隊は巨大都市になると雇用不可能になる。

城系

モットと柵
農民・騎馬従士
木の城郭
鎖かたびら騎士

-
城塞
(下馬)封建騎士・農民弓兵・槍兵従士
大城砦
(下馬)イタリア装甲騎士
高等建築
-
先進建築
-
招集所
農民
守備隊兵舎
槍兵従士
演習場
重装長槍兵
兵舎
-
---
-厩舎
騎馬従士
騎士厩舎
鎖かたびら騎士
男爵厩舎
封建騎士
伯爵厩舎
イタリア装甲騎士
--
-弓師
農民弓兵
射撃訓練場
農民クロスボウ射手
弓射撃場
大盾クロスボウ射手
上級射撃場
騎馬クロスボウ射手
--
--バリスタ工場
バリスタ
カタパルト工場
カタパルト
攻城兵器工場
トレバシェット
--
--大砲鍛治
射石砲
大砲工房
臼砲・オルガン砲
大砲鋳造場
カルバリン砲
--
-
ガレー船
造船所
戦闘用ガレー船
大造船所
ガレアス船
海軍大造船所
キャラック船
--
--聖ヨハネ騎士団小修道院
ホスピタル騎士
聖ヨハネ騎士団大修道院
-
聖ヨハネ騎士団修道院本部
-
--
--テンプル騎士団小修道院
テンプル騎士
テンプル騎士団大修道院
-
テンプル騎士団修道院本部
-
--

ユニーク建築

無し

ユニット紹介

教皇護衛隊

papal_guard.png

小都市以上から出てくる様になる、世界最強の槍歩兵。

攻守12/16、高持久で精鋭並みの士気を持ち、騎兵に対して滅法強い。

ただ、無敵と言うほどでは無い。下馬封建騎士には普通に負ける…

それでも並の兵種にとっては恐るべき相手。矢にも強く有効な攻撃方法は強烈なAP攻撃か、足止めしておいての背後からの騎兵突撃か。

槍兵と思って舐めていると痛い目にあうので、複数部隊で連携して当たる事を念頭に入れて戦おう。

因みに雇用維持費は740/215、教皇庁は全教会からの税収入(と言う名目のCPUチート)で資金にゲタを穿かされているので関係無いのだが。

ちなみになぜか、巨大都市に昇格すると出なくなる(代わりにスイス衛兵が出て来る)。

教皇護衛隊は兵舎の発達でも城でも出せないので、最終的には絶滅する兵種。

スイス衛兵

swiss_guard.png

巨大都市に昇格するだけで、ランツェ・スペッツァーテと共に雇用可能になる世界最強のハルバード兵。

ちなみに2位はイェニチェリ重装歩兵、3位はオバドシェア。

その下に杖剣民兵やヴルジュ(民)兵、トランシルバニア農民やハルバード民兵と続く。

攻守は12+AP/12、そして精鋭並みの士気に超高持久。槍壁隊形は使えるがやはり微妙にメリットが分からない。

筆者はいまいち実感が分からないのだが、ハルバード兵はそのコンパクトなモーションのせいで攻撃が数値以上に強いと言われる。

振りかぶるモーションの剣や槍、斧やメイスに対してハルバード兵はチョンとハルバードを突き刺すモーションでの攻撃が多い。

これでも攻撃力が変わらない為、隙が少なく次の動作に移るまでの間隔が短い。

パイクにも同様の事が言えるが、ハルバードの方が一般的に攻撃力も高くAP効果も付与されている為、そう言った

感想が方々で聞かれるのではないだろうか。

ともかく、ハルバード兵の中でも最高性能を持つ兵種。守備は教皇護衛隊に劣るが上記の様に脚を止めてからの攻防に強い。

騎兵に対する攻撃ボーナスもあるので近寄るのはかなり危険。対策としてはAP効果のある投射攻撃(クロスボウ・ロングボウ・投槍)か

AP攻撃の犠牲になるのを承知の上で重装兵をぶつけるか、騎兵で挟撃するか。


添付ファイル: filemap_papal_states.jpg 151件 [詳細] filepapal_states.png 170件 [詳細] filepapal_guard.png 187件 [詳細] fileswiss_guard.png 177件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-10-22 (火) 22:14:38 (2241d)