&ref(england.png,nolink);~
ゲーム購入時から使用可能な、ロングボウが強力なカトリック勢力。~
ブリテン島のロンドン(大きな町)・ノッティンガム(城)、大陸のカン(城)の3拠点からのゲーム開始になる。~

&ref(map_england.jpg,nolink);~
初期の兵種は他国と似たり寄ったりで貧弱であるが、城の射撃訓練場からロングボウ射手が出せ、比較的早期から強力な兵を揃えられる。~
城塞が出来れば下馬封建騎士が雇用出来、さらに兵舎を建てると同能力維持費安い重装剣士が雇用出来る様になる。~
ただし汎用ユニットの重装長槍兵が雇用出来ず、パイクもいないため、騎兵突撃には市民槍兵か杭で対抗する必要がある。~
また騎兵はカトリックにしては並な性能なので、修道院系騎士団を誘致して補強したい。~
イングランドはパイク兵、槍兵、槍騎兵、弓騎兵が雇用できない又は凡庸な為、どうしても戦闘は杭に頼った防戦が主体となってしまう事が多い。~
幸いな事に槍兵やパイク兵は傭兵で簡単に雇用できるので、必要な場合はお金で解決しよう。

*戦略 [#yc550fff]
ブリテン島の構成地域は6地域。~
島最南部の首都ロンドン、北のノッティンガムの城、その北にヨークの村、西にカーナボンの木の城郭。~
ブリテン島北にはスコットランド首都であり唯一の拠点エジンバラがあり、これの南北にヨークとインバネスが位置する。~
西のアイルランド島はダブリンが唯一の拠点として存在する。~

ヨーロッパ大陸の橋頭保としてカンの城があり、周りを西からレンヌ(反乱拠点・町)、アンジェ(フランス・木の城郭)、パリ(フランス首都・大きな町)、ブリュージュ(反乱拠点・大きな町)が囲む。~
**ブリテン島の攻略 [#ia0c8150]
スコットランドとの戦闘に手間取ると、大陸でフランス・ミラノ・神聖ローマなどの大国に進出され2正面作戦を強いられてしまう事になる。~
幸いスコットランドは初期拠点がエジンバラだけなので、腕次第では初期配置の艦隊と傭兵を駆使して首都に強襲をかけ即座に攻め滅ぼす事も可能。~
城攻めが得意でない場合は、農民を囮にするなどして野戦で将軍ユニットを全滅させてしまっても良い。~
状況を見て、スコットランドを即座に撃滅するか、外堀を埋めるようにヨーク→カーナボンと攻略して行くか判断しよう。~

首都強襲をしない場合、スコットランドがエジンバラ以外に領地を手に入れてしまうと、教皇の停戦命令などもあって少し長引く事になる。~
特に城であるカーナボン・インバネスを保持されるとハイランダー系の正規兵を生産され厄介。~
これを防ぐ為に初期配置の艦隊の1方に西海岸を北上させ、アイルランド島への道を封鎖。~
もう1方にロンドンや周辺の部隊を搭載し、東海岸を北上してインバネスを占領してしまおう。~
後はノッティンガム周辺の部隊でヨーク、カーナボンを占領できればスコットランドの命運も尽きる。~

どちらにせよ後ろの憂いを絶つ為、序盤は早期攻略を心がけよう。~
イングランド島とアイルランド島を独占できれば、海上交易で十分な利益を確保できる。~
陸路で攻められる心配は無く大陸に城があるので全て都市にしてしまっても良い。~
但し、ポルトガル等が海路で上陸してくる事があるので、念の為に防衛準備はしておこう。


**ヨーロッパ本土の攻略 [#z34af06d]
カンから出撃して西のレンヌを攻めるか、東のブリュージュを攻めるか、それとも南下してフランスに喧嘩を売るか。~
初心者にオススメなのはとりあえずレンヌを陥落させてしまう事。兵力も少ない為難易度は低い…が、得られるものも少ない。~
茨の道になるが、東に進んでブリュージュを攻略するのもあり。ここを抑えれば北海貿易の利益を手に入れられる。~
欲を言えば隣のアントワープも欲しい所だが…アントワープまで手を出すと、神聖ローマ、デンマーク、フランス、そしてミラノまで高確率で攻撃してくるので泥沼に陥りやすいので注意。~

卑怯な作戦ではあるが、とりあえずどんな少数でも良いのでブリュージュやアントワープを包囲する。~
他勢力が包囲している拠点は包囲できないので、他の勢力は兵を送り込んでこない。~
反乱勢力はターン順が最後なので、反撃されて退却し、包囲が解かれるのは他の全ての勢力がターンエンドした後。~
これを毎ターンしつこく続ければ、他の勢力がブリュージュやアントワープを攻めてくる事は無い。~
ただし、包囲中の軍をいきなり攻撃してきたりする場合もあるが…~

レンヌ~アントワープまでの海岸線を制圧できれば、海上交易がかなり活発になる。~
内陸に進行する前に確保しておくと良いだろう。~

南のフランスを攻めるのは最も下策。彼らはパリ・アンジェ・ランス・トゥールーズ・マルセイユと5つも領土を持っている為、一気に殺しきることは難しい。~
教皇からの停戦命令も頻発し、無視すれば異端審問官や十字軍が派遣されて面倒な事になる。~
対峙するのは有る程度国力が着いてからにした方が良いだろう。~
**中盤以降 [#i9d73db8]
ブリテン島を統一し、ヨーロッパ大陸にもある程度領土を確保し、ロングボウ射手等も数が揃ってきたらいよいよ雄飛の時期となる。~
ブリュージュ・アントワープから東に兵を送り、ハンブルグの城を抑えて北海に進出するか。~
南下してフランスと戦端を開き、地中海へ進むか。~
前者は強力な歩兵隊を有するデンマーク・神聖ローマ、そしてその先のポーランドやロシア、ハンガリーなどと対峙する事になる。~
後者はフランスとの戦争の最中に、ミラノやスペイン、ポルトガルと対峙する事になるだろう。~
難易度としては後者の南下ルートの方が楽か。エルサレム行きのルートも開拓できるのでお勧め。~
地中海の道が開けたら、西に行きイベリアを征服するか、東に行きイタリア半島を狙うかのどちらかだが…~
やはりここはイタリア半島を掌握して、更なる経済力を手に入れるべきだろう。~
この辺りまで来ると、教皇庁との戦争も覚悟しておいたほうが良い。
*建築と雇用可能兵種 [#wefee87f]
**都市系 [#x37eefc0]
&size(12){※上位の建物を建てることで、雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。};
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|町&br;-|大きな町&br;市民兵|小都市&br;市民槍兵|大都市&br;民兵射手|巨大都市&br;-|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|夜警詰所&br;市民兵|哨兵詰所&br;市民槍兵|市衛兵舎&br;民兵射手|民兵演習場&br;ビル民兵|民兵舎&br;重装ビル民兵|陸軍兵舎&br;火縄銃兵|-|
|-|-|-|-|士官学校&br;準槍騎兵|王立士官学校&br;-|-|
|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|-|
|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|大砲工房&br;臼砲・オルガン砲|大砲鋳造場&br;カルバリン砲|-|-|
|-|港&br;コグ船|造船所&br;ホルク船|大造船所&br;ホルク砲船|海軍大造船所&br;キャラック船|-|-|
|-|-|石工ギルド&br;市民槍兵|上級石工ギルド&br;ビル民兵|石工ギルド本部&br;重装ビル民兵|-|-|
|-|-|聖ヨハネ騎士団小修道院&br;ホスピタル騎士|聖ヨハネ騎士団大修道院&br;-|聖ヨハネ騎士団修道院本部&br;-|-|-|
|-|-|テンプル騎士団小修道院&br;テンプル騎士|テンプル騎士団大修道院&br;-|テンプル騎士団修道院本部&br;-|-|-|
|-|-|商人ギルド&br;商人騎馬民兵|上級商人ギルド&br;-|商人ギルド本部&br;-|-|-|
**城系 [#tbad0037]
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|モットと柵&br;農民・ホビラー|木の城郭&br;鎖かたびら騎士|城&br;-|城塞&br;下馬封建騎士・農民弓兵|大城砦&br;下馬イングランド騎士|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|招集所&br;農民|守備隊兵舎&br;徴募槍兵|演習場&br;ビル兵|兵舎&br;重装剣士|武器庫&br;重装ビル兵|-|-|
|-|厩舎&br;ホビラー|騎士厩舎&br;鎖かたびら騎士|男爵厩舎&br;封建騎士|伯爵厩舎&br;イングランド騎士|-|-|
|-|弓師&br;農民弓兵|射撃訓練場&br;ロングボウ射手|弓射撃場&br;自由民弓兵|上級射撃場&br;ロングボウ従士射手|-|-|
|-|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|
|-|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|大砲工房&br;臼砲・オルガン砲|大砲鋳造場&br;カルバリン砲|-|
|-|港&br;コグ船|造船所&br;ホルク船|大造船所&br;ホルク砲船|海軍大造船所&br;キャラック船|-|-|
|-|-|-|狩人ギルド&br;-|上級狩人ギルド&br;シャーウッド弓兵|狩人ギルド本部&br;-|-|
|-|-|-|聖ヨハネ騎士団小修道院&br;ホスピタル騎士|聖ヨハネ騎士団大修道院&br;-|聖ヨハネ騎士団修道院本部&br;-|-|
|-|-|-|テンプル騎士団小修道院&br;テンプル騎士|テンプル騎士団大修道院&br;-|テンプル騎士団修道院本部&br;-|-|
**ユニーク建築 [#f69e7e60]
-ジョウスト場(城塞)/トーナメント場(大城塞)~
…騎兵の初期経験値に+、トーナメント場は僅かに治安と人口増加率にボーナスがある。~
 待機時低確率で「馬上試合の新参者(騎士道+)~」が育つ、高レベルでは騎兵への士気や権威にも+。~
*ユニット紹介 [#d0e0d755]
**ロングボウ系兵種 [#ed8b3606]
&ref(longbowmen.png,nolink); &ref(yeoman_archers.png,nolink); &ref(dismounted_longbowmen.png,nolink); ~
イングランドを代表する弓兵3種。~
それぞれ射撃訓練場(城)・弓射撃場(城塞)・上級射撃場(大城塞)の建築が必須。~


|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):150|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|各射手のパラメータ|構成数|矢の威力|直接攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気|雇用費|維持費|備考|
|&ref(longbowmen.png,nolink);&br;ロングボウ射手|120|6+AP|7+AP|2|0|1|3|3|560|150|杭使用可能|
|&ref(yeoman_archers.png,nolink);&br;自由民弓兵|120|8+AP|9+AP|3|0|2|3|5|650|150|杭使用可能|
|&ref(dismounted_longbowmen.png,nolink);&br;ロングボウ従士射手|120|8+AP|11|2|5|6|3|5|710|150|杭使用可能&br;持久力が高い|

ご覧の通り、実はさほど能力に差は無かったり。~
ロングボウ射手の矢の威力は、農民弓兵に1足しただけだったりするのだが、長射程も相まって手数が多い(連射速度は変わらない)。~
AP効果も漏れなく付いており、火矢も使用可能。杭も打てて正に万能。~
最下級のロングボウ射手でも一応の装備はしており、市民槍兵程度なら殴り合いで勝てる。~
さすがに下馬騎士となると厳しいが…AP効果付きのハンマー装備の為、複数部隊でタコ殴りにすれば勝てる。~
上級の兵になるほど装甲が増えるが、最上級のロングボウ従士射手は剣装備の為、近接でのAPが失われてしまっている。~
しかし戦闘力では重装長槍兵を凌ぐ強力さ。~
全て士気が低いのには注意しよう…~

槍兵の貧弱なイングランドでは、杭を打てる彼らは強力な騎兵へのアンチカードになる。~
最下級のロングボウ射手でも、城を作って弓射撃場(2400)を建てれば割とすぐに雇える。~
初期のカンは城なので、お金さえつぎ込めばすぐに杭を使用可能。~
彼らと重装備剣士のコンビはイングランドの鉄板スタイル。
**シャーウッド弓兵 [#od79cdbc]
&ref(sherwood_archers.png,nolink);~
イングランドのユニーク兵科。構成数60人(部隊スケール:巨大 の時)。~
''&color(Red){上級狩人ギルド};''からの雇用になる。狩人ギルド一段階目では雇用出来ないので注意。~
ロングボウ系をひたすら雇っていればギルド建設の話が来る。資金に余裕があれば雇用→解雇サイクルを行うと早い。~
建築の関係で出せるのは大城砦が完成してから。その為中期~後期以降の登場になる。~
構成数が御覧の通り少ないが、その分HP2。弓の攻撃力も13とクロスボウや火縄銃並みでAPも勿論付いている。~
直接の攻守も16/9と下馬騎士並みの強さ(AP攻撃ではない)だが、全て回避技能頼み(鎧・盾を持たない)為逆に矢には弱い。~
数を揃えられないが士気は高い。城壁の上に置いておいて、梯子や攻城塔で攻めてくる敵を迎え撃つのに最適だろう。~
(城壁の上は矢の攻撃が届きにくいし、乗れる人数が限られるのでHP2のシャーウッド弓兵の方が大抵の重歩兵より有利)~

杭は打てない為、野戦ではロングボウ射手系に軍配が上がる。~
「森での潜伏が得意」特性があり、森で隠れていると接触するまで見つからないが、この能力はなかなか生かしにくい。~
他にも、「とても持久力が高い」特性がある。
**ビル系兵種 [#k1791631]
&ref(bill_militia.png,nolink); &ref(billmen.png,nolink); &ref(heavy_bill_militia.png,nolink); &ref(heavy_billmen.png,nolink);~
ビルフックを持った、紙装甲・高攻撃力・コスト安い兵種。~
重装備の上位兵種はある程度の総合守備があるが、それでも市民槍兵に毛が生えた程度。~

|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):150|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|各兵士のパラメータ|構成数|直接攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気|雇用費|維持費|雇用建物|備考|
|&ref(bill_militia.png,nolink);&br;ビル民兵|120|13+AP|4|0|1|0|3|170|100|民兵演習場&br;上級石工ギルド&br;(大都市)|無料維持可能|
|&ref(billmen.png,nolink);&br;ビル兵|120|15+AP|5|0|3|0|5|230|120|演習場&br;(城)|-|
|&ref(heavy_bill_militia.png,nolink);&br;重装ビル民兵|120|15+AP|5|7|3|0|5|300|150|民兵舎&br;石工ギルド本部&br;(巨大都市)|無料維持可能|
|&ref(heavy_billmen.png,nolink);&br;重装ビル兵|120|15+AP|5|7|3|0|5|300|150|武器庫&br;(大城塞)|持久力が高い|

とにかく攻撃力が高く、雇用費が安い。雇用費は下馬騎士の半分程度。維持費もそこそこ安い。~
建築に投資が必要だが、重装剣士を出す過程で演習場は出来る為、副産物としてビル兵の雇用は比較的初期から可能。~
そのアホみたいな攻撃力を生かして特攻部隊に使おう。雇用費が激安なのでどんどん回転させて行くが吉。~
AP効果も持ち、さらに騎兵に対しても槍による攻撃のような隠しボーナスがある。犠牲を気にしなければ攻撃的に非常に使える兵種。~
主力より先行して敵陣に突っ込ませ、矢を受けつつ敵前列を砕いて主力の損害を減らすのが主な任務。~
当然重装の方が強いが、維持費が重装剣士と同じになっているので、突っ込ませるだけなら簡単に出せるビル兵か、一番安いビル民兵で十分。~
**重装剣士 [#ub350dc2]
&ref(armored_swordsmen.png,nolink);~
兵舎(城塞)から出せるイングランド随一の便利兵種。構成数120人。~
パラメータは下馬封建騎士と同等で、城塞があるだけで彼らは出せるのだが…~
何と重装剣士は維持費が150と、下馬封建騎士の2/3。ロングボウ射手や市民槍兵と同じ程度に安い。~
雇用費が40高く、走るのが遅いと言う欠点は持つが、それ以外は全て同じ。~
下馬封建騎士は順次重装剣士に変えて行こう。~

建築の関係から登場は中期以降になる。ロングボウ射手を量産する態勢が整ったら、次は重装剣士を狙おう。~
鎖かたびら騎士は木の城郭があるだけで出せるので、すぐにイングランドは良質な歩・弓・騎が揃う。
**下馬イングランド騎士 [#rd32d0a9]
&ref(dismounted_english_knights.png,nolink);~
大城塞があるだけで出せる、全勢力最高の攻撃力(21+AP)突撃力(6)を持つ歩兵兵種。~
盾は持たないが鎧(8)回避(5)の数値でカバー、立ち位置的にはビル系兵種の頂点と言えなくもない。~
士気も11と高く、雇用/維持費は530/225と高くない。攻めの下馬イングランド騎士・守りの重装剣士と使い分けよう。~
敵の足が止まっている所に突撃させるとかなりの被害を与えられる。逆に突撃されると被害が大きいので気を付けて。~
AP効果も持ち、さらに騎兵に対する隠しボーナスもあり攻撃面では非の打ちどころのない兵種。~
やや低い守備が問題にならないような運用方法を考えよう。
**ホビラー [#vb05b235]
&ref(hobilars.png,nolink);~
イングランド代表の軽騎兵、城系拠点から無尽蔵に雇用でき、安くて弱い…と言う軽騎兵の特徴を体現している兵種。~
低い士気(と回復速度)、攻守は7/7とそこそこで脚は中速。器用貧乏と言うか何と言うか…だが雇用維持費が280/150と安い。~
農民弓兵が少し高くなった位で、鎖かたびら騎士の680/250と言う高額さに比べればコスパに非常に優れる。~
ただし、2VS1でも騎士に勝てるかどうかは怪しいが…~

他勢力でも多くの軽騎兵がいるが、それぞれ特徴があり、強いけど高かったりその逆だったり、~
下記は「''城系拠点があるだけで出る、士気の低い軽騎兵''」のピックアップ比較。イングランドのホビラーは…
|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|各軽騎兵のパラメータ|使用可能勢力|直接攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気/回復速度|雇用費|維持費|備考|
|&ref(hobilars.png,nolink);&br;ホビラー|イングランド|7|3|4|3|0|3/1|280|150|中速|
|&ref(mounted_sergeants.png,nolink);&br;騎馬従士|多くのカトリック教国|9|4|4|5|4|5/2|470|175|中速|
|&ref(scouts.png,nolink);&br;斥候兵|デンマーク|7|3|4|3|4|3/2|410|150|中速・近接AP|
|&ref(border_horse.png,nolink);&br;国境警備兵|スコットランド|9|4|4|5|0|5/1|390|150|快速|
|&ref(arab_cavalry.png,nolink);&br;アラブ騎兵|多くのイスラム教国|9|4|4|5|4|5/2|510|175|中速・鎧2段階UG可能・突撃隊形可能|
安かろう悪かろう、と言う位置に落ち付いている。各勢力に一つは軽騎兵種はいるが、どの国も多少の特徴を持ち~
少し違った立ち位置になっている。
**イングランド騎士 [#gc96be5a]
&ref(english_knights.png,nolink);~
伯爵厩舎(大城塞)があると出せる、勢力最高水準の重騎兵、だが…~
実力としては突撃が2増えて、近接にAP効果が付いただけの封建騎士であり、鎖かたびら騎士ですら攻撃力2の差のみ。~
さらに、下位2騎兵にある「持久力が高い」特性も消えてしまっている…~
フランスやポーランド、ハンガリー、シチリア、ミラノ、デンマーク、ロシア、トルコ、エジプト、ムーアに教皇庁、果てはモンゴルやティムールまで~
イングランド騎士の一回り上を行く上級重騎兵を持つ国は多い。~
イングランドはテンプル/ホスピタル騎士を雇用可能にすることで、この中に加われる。~
最初から厩舎系の発達は放っておいても良いかもしれない…木の城郭があれば、とりあえずの重騎兵である~
鎖かたびら騎士は雇用出来るし。
**臼砲 [#p105a741]
&ref(mortar.png,nolink);~
大砲工房(大都市・城塞)があれば雇用可能になる特科。~
見ての通り直射で無く、曲射で砲弾を当てる大砲。その為なかなかに狙いが付けづらい。~
命中率も通常の直射砲より低く、低弾道で飛ばないので敵兵をなぎ倒して一発で大損害を与えられない。~
射程も初期の射石砲より25m短い300m、流石にトレバシェットよりは長いが。~
通常は使いづらいが、曲射弾道の為部隊の影から攻撃出来たり、城壁を越えて砲弾を降らすことも可能。~
低い命中率は数を揃えて補いたい。~
中央広場・城壁裏・城壁上などに集結した敵にアウトレンジから攻撃ができるので、使い方次第では便利な特科になるだろう。

**カルバリン砲 [#ae722933]
&ref(culverin.png,nolink);~
大砲鋳造場から出せる勢力最高の大砲。射程425m威力230。~
さらに上位のバジリスク砲は射程/威力450m/330と、威力で大幅に上回る…が射程はあまり変わらないので、さほど違いは感じられないだろう。~
カルバリン砲が最高の大砲となる勢力は、イングランド・ヴェネチア・ミラノ・スコットランド。

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS