&ref(egypt.png,nolink);~
イスラム両雄の一勢力。~
首都カイロ(大都市)を始め、アレクサンドリア(大きな町)、アル スエズ(町)、タンタ(町)、ダミエッタ(木の城郭)、そして遠く離れたオアシスのシワ(町)の6拠点から始まる。~
序盤からの英雄として、サラディンを擁する。~

&ref(map_egypt.jpg,nolink);~

グランドキャンペーンのユニットはそのままに、グラーム部隊などが追加され兵種に厚みが出ている。~
既存ユニットも調整を受けており、新ユニットと同程度の使い勝手。と言うか新ユニットの中でも使えないのが多いような…~
やはり他の勢力と同じく、兵力が過多気味である。エルサレム王国との戦いに必要なだけの兵力を見極めて、1ターン目に解雇してしまおう。~
進路的に殆ど自由度が無く、エルサレム→アンティオキアと戦い進んで行く事になるが、その分目的もはっきりしており戦略が立て易い勢力。~
兵の質ではエルサレムに少し劣るので、退治する際には戦力分析を慎重に。
*英雄の能力 [#ub832118]
&ref(Saladin icon.png,nolink);~
サラディン(英雄)…~
最初期(1172年)から首都カイロにマムルーク部隊と共に駐留している。エジプトの勢力指導者でもある。~
登場時36歳、天寿を全うすればだいたい48ターン目(1268年)まで活躍する事が出来る。初期の性能は指揮9騎士道4権威9信心7、配下の護衛兵は経験3により攻守+1の強化がなされている。~
また、全軍士気+2の特性を持ち、カトリック勢と戦う時には指揮が+2される。奇襲時指揮+2の能力や夜戦能力も持つ。~
他、個人安全+3、貿易収入+5%、税収+5%、工作員雇用割引36%など内政系でもそこそこ有能な能力を持ち、カトリック勢の英雄よりも経験の豊富さを感じさせる。~

彼の特殊能力は「信仰の正義」。~
戦闘中に一回しか使えない(使った後は兵の再招集コマンドに変わる)、効果はリチャードの「獅子の心」に似ているが、少し異なる。~
持続時間が30秒と大幅に増加、だが敗走兵の士気復活は不可能。その代わり効果時間中は絶対に敗走しなくなる。~
ここぞと言う時の踏みとどまりに効果覿面だが、やはり時間が終わると一気に押し切られてしまう。~
劣勢の時に使うより、無謀な単騎突撃をさせる際や、士気の低いグラーム部隊に挟撃で分離行動を取らせる時など~
アグレッシブに動きたい時の士気の保険に使うと効果が高いだろう。
*戦略 [#y4f21566]
**エルサレム王国を攻撃 [#r429e0a3]
王道にしてこれ以外の選択肢は無い、特殊なプレイをしない限りは。~
エルサレムの南部方面から攻め上がって行く事になるが、先ずは守りの強固なアスカロン-アルスフ-カラクの三城の守りを崩す事になる。~
首都エルサレムはその中心地にあるが、ここからは碌な追加戦力が出てこないので、まず城から攻め取って行くべき。~
自国の財政状態と初期資金と相談して、攻め込むだけの軍備を残して解雇してしまおう。自分の腕とも相談になるが…~
5〜10ターン位で三城の陥落を目指すとして、その位で初期資金を使い切るような計画を立てて行こう。~
そうすれば、進軍に伴い少しずつ兵力も摩耗して行くため軍隊維持費は自然と減少して行くはずだ。~
戦闘スタイルにもよるが、移動に時間のかかる後方都市の歩兵や、拠点攻めに役に立た無い軽騎兵などは一定の削減の余地があるだろう。
***軍事拠点としての城を攻める [#d06af442]
エルサレムの保持している城は、上で述べたアスカロン・アルスフ(モットと柵)そしてカラク(城)。更に北にはテュロス(木の城郭)の四つ。~
木の城郭以上からは強力なエルサレム騎士が際限無く雇用される。その為これらの奪取が敵の戦力補充を抑止する友好策となる。~
重騎兵は野戦において猛威を振るう、特に弓兵も槍兵も序盤において貧弱なエジプトにとっては、この存在は何よりも脅威。~
ベストは重騎兵が拠点に篭っているところを、歩兵の物量で押しつぶす事だが…そうすれば少なくとも突撃の威力は打ち消せる。~
ただ、彼等は脚を止めての近接戦闘でもそれなりの戦闘力を発揮する。用心して大量の下級槍兵を当てよう。~

ターゲットになる城はまずアスカロン(モットと柵)だろうが、その次はアルスフ(モットと柵)に進まず東のカラク(城)を目指そう。~
アルスフが木の城郭にUGしてしまえばそこからも重騎兵が出てくるが…~
兎も角、エルサレム周囲の三城の守りを打ち崩す事が第一目標、エルサレムはその後にじっくり料理しよう。~
ある程度の財政状態は犠牲にして、初期の兵力と資金でスタートダッシュをかけよう、兵も質では負けているので物量で優位で無ければエジプトには分が悪い。~
***利益を得る為の湾岸都市を奪う [#kc667e9e]
上記の通り、城を奪う事が初期戦略において重要であることにも変わりはないが、財政の健全化も急務。~
エジプトの財政概要を見ても分かるとおり、あまり状態は良く無い。いずれも建設資金に行き詰まるだろう。~
とは言え拠点収入は時間をかけないとなかなか伸びない為、序盤は都市の略奪金に頼る事になる。城を略奪してもそこそこの資金は得られるが都市は段違い。~
特にエルサレムと、その北のアクレは初期から小都市である為、万単位の略奪金が見込める。財政状態と相談して攻め落とす順番を考慮しよう。~

また、不要になった後方の城は順次都市に転換して行こう。特に海岸沿いのダミエッタやアスカロンは後々の港湾都市になり得る。~
拠点単独の収入だけで無く、隣接拠点の収入にも影響を及ぼす事を考慮に入れ、速めの都市化を実施して行こう。~
城のまま残しておくにしろ、港の整備だけは先にしておこう。城も全く貿易を行わないわけではないし、都市転換時に港はまるまる残る。
*雇用可能な兵種 [#d57f360d]
**都市系 [#x37eefc0]
&size(12){※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。};
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|町&br;-|大きな町&br;民兵射手|小都市&br;投槍民兵|大都市&br;サラセン民兵|巨大都市&br;-|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|穀物取引所&br;-|市場&br;-|バザール&br;ベドウィンらくだ騎兵|中バザール&br;-|大バザール&br;-|-|-|
|夜警詰所&br;アル・アシャイル歩兵|哨兵詰所&br;投槍民兵&br;民兵射手|市衛兵舎&br;サラセン民兵|民兵演習場&br;カーセキ|民兵舎&br;タバルダリイヤ|陸軍兵舎&br;スーダン銃手|-|
|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト&br;マンゴネル|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|-|
|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|-|-|-|-|
|-|港&br;ダウ船|造船所&br;戦闘用ガレー船|大造船所&br;ランターナ船|海軍大造船所&br;バグラ船|-|-|
|-|-|石工ギルド&br;投槍民兵|上級石工ギルド&br;ハルバード民兵|石工ギルド本部&br;-|-|-|
|-|-|暗殺者ギルド&br;ハシシン|上級暗殺者ギルド&br;-|暗殺者ギルド本部&br;-|-|-|
|-|-|商人ギルド&br;アラブ騎兵|上級商人ギルド&br;-|商人ギルド本部&br;-|-|-|
|-|-|競馬場&br;アラブ騎兵|スルタンの競馬場&br;マムルーク弓兵|-|-|-|
**城系 [#tbad0037]
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|モットと柵&br;農民・アラブ騎兵|木の城郭&br;マムルーク弓兵|城&br;-|城塞&br;マムルーク・下馬アラブ騎兵・クルド投槍兵・農民弓兵|大城塞&br;-|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|招集所&br;農民|守備隊兵舎&br;下馬グラーム|演習場&br;ヌビア槍兵&br;アッハーカ歩兵|兵舎&br;ナファトゥン|武器庫&br;-|-|-|
|-|厩舎&br;砂漠騎兵|アミールの厩舎&br;グラーム|シャイフの厩舎&br;マムルーク弓兵|スルタンの厩舎&br;マムルーク|カリフの厩舎&br;王室マムルーク&br;ハセキ|-|
|-|弓師&br;農民弓兵|射撃訓練場&br;砂漠弓兵|弓射撃場&br;アビッド・アッシラー|上級射撃場&br;シブヤーン・アッカース&br;マムルーク小銃射撃手|-|-|
|-|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト&br;マンゴネル|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|
|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|-|-|-|-|
|-|港&br;ダウ船|造船所&br;戦闘用ガレー船|大造船所&br;ランターナ船|海軍大造船所&br;バグラ船|-|-|
**ユニーク建築 [#f69e7e60]
-競馬場/スルタンの競馬場(小都市/大都市)~
どちらも1200と安く、人口増加率と治安に僅かにボーナス。そして競馬の開催頻度を増やすことにより、資金は消費するが治安を更に良化する事が出来る。~
また、アラブ騎兵/マムルーク弓兵をここから雇用する事が出来るが、民兵では無い為無料維持は出来ない。~
イスラム系将軍がここに駐留すると「優れた騎手〜(騎兵への指揮・行軍能力・権威に+)」が育つ。~
また、全勢力でこの建物がある拠点でスパイ・暗殺者を雇用すると確実に「黒き雄馬(移動力+)」が付く。
-ビマリスタン/大ビマリスタン(大都市/巨大都市)~
高いが人口増加率と治安に大きなボーナス、そして欠けた兵の再訓練による補充費用を少し節約できる。~
待機時に医師や医者などの兵士負傷復帰・子供を授かる機会を増加させる従者が付く他、「健康な男〜(HP+)」の特性が育つ。~
*ユニット紹介 [#d0e0d755]
>既存ユニットは基本的にはグランドキャンペーンと同じ能力値だが、種々の調整がなされている。顕著な物をピックアップすると
>・「ナファトゥン」の&color(Blue){雇用費90低下、290F/部隊。安い。};
>・「砂漠騎兵」の&color(Blue){近接攻撃力向上};
>基本的に、&color(Blue){民兵系低~中ランク歩兵の攻守が僅かに上昇};、&color(Red){騎兵や重歩兵、弓兵の近接はそこそこ低下};。相対的に&color(Blue){民兵系前衛が強くなります};。
>&color(Blue){両手武器兵種には全てAP属性が付き、ほぼ全兵種が攻守突撃が強化};されています。
>例外を除き、&color(Blue){雇用維持費も全体的に1~2割程度低下};しています。また、&color(Red){騎兵は編成数が3/4};になっています。
**アル・アシャイル歩兵 [#l056af4d]
&ref(al_ashair.png,nolink);~
投槍民兵より盾守備が3低く、雇用費が120低い(200)無料維持可能な槍歩兵。夜警詰所(町)から出る。~
対騎兵ボーナス8はしっかり持っているが、人数は120人。安かろう悪かろうの見本の様な兵種。どうせ投槍民兵が一段階上の哨兵詰所(大きな町)または小都市から出るので、その間の繋ぎにしかならない。~
全く使い物にならないわけでもないが、早々に忘れ去られてしまう兵種だろう。
**カーセキ [#b87da61a]
&ref(khasseki.png,nolink);~
民兵演習場(大都市)から出る斧盾歩兵。AP攻撃とそこそこの防具を身につけているが、士気は低い。~
雇用維持費は400/125とお得だが、無料維持は不可。スペック的にはバイキング奇襲兵や隣のフランク戦斧兵によく似ている。~
西欧の重武装の兵士に当てると効果が高いかもしれない。
**アッハーカ歩兵 [#s60b45cb]
&ref(al_haqa_infantry.png,nolink);~
攻守11/15、そして高い士気。演習場(城)から出る良質な歩兵であり、数値で少し劣るが西欧の下馬封建騎士のポジションに収まる。~
下記の下馬グラームが士気的に頼りないので、中盤からの拠点攻め突撃要員には彼等が最適。雇用維持費も540/125となかなか良心的。~
特殊能力は持たないが、総合的に高いパラメータの為終盤まで歩兵隊の中核になれる、頼りがいのある兵種。
**アビッド・アッシラー [#fd023465]
&ref(abid_al_shira.png,nolink);~
弓射撃場(城塞)から出る、砂漠弓兵の純粋な強化兵種。鎧守備が2、回避か1上がって遠近両方に抵抗力が増している。~
そのくせ雇用維持費は据え置きの320/100、数値だけ見てもとても安い。また彼等以上の性能の弓歩兵は存在しない為、実質勢力最強の弓歩兵となる。~
長射程・火矢使用可能と、パンチ力には欠けるがそれ以外には万能な兵種。足りない能力値は数でフォローしよう。
**マムルーク小銃射撃手 [#p2d5931e]
&ref(mamluk_hand_gunners.png,nolink);~
シブヤーン・アッカースと共に上級射撃場(大城砦)から出る、エジプト版射撃手。~
民兵系兵舎からは別にスーダン銃手が出る。~
やはり射程が微妙に長くなっており、95mまで狙いを付けられる。威力も13と高く、近接も9/7とそこそこ戦える。~
スーダン銃手の方が射撃寄りの能力、近接ではマムルーク小銃射手に軍配が上がる。
**下馬グラーム [#p2d5931e]
&ref(dismounted_ghulams.png,nolink);~
守備隊兵舎(木の城郭)から出る、重装備の歩兵。~
西欧の下馬封建騎士っぽい装いから期待した人も多いかもしれないが、残念ながら高い士気は持たない、残念。~
攻守9+AP/12とそこそこの能力は持ち、雇用維持費も370/125とかなり安い。士気をフォローしつつ戦わせれば良い働きはしてくれるだろう。~
隣国のトリポリ従士と似たようなスペックだが、こちらはAP攻撃が可能な為、重武装の相手ほど効果を発揮する。
**グラーム [#ne223938]
&ref(ghulams.png,nolink);~
アミールの厩舎(城)から出るエジプト最初の重騎兵。~
やはり見た目が先行しており、実力は低い。が近接はAP属性ありで突撃もそこそこ痛い為、士気フォロー次第では有用な兵種。~
騎兵は単独行動が多いので、捨て駒と割り切って敗走前提で運用するのもありかもしれない。雇用維持費も580/155と重騎兵の割には安い方。~
マムルークが出る城塞昇格までは、我慢してなんとか彼等を使い続けよう。
**ベドウィンらくだ騎兵 [#k53746fc]
&ref(bedouin_camel_riders.png,nolink);~
バザール(小都市)から出る珍しい兵種。~
らくだ弓騎兵であるが、実力は中の下と言ったところ。砂漠騎兵がラクダに乗り換えて弓に持ち替えた…ような感じの騎兵。~
グランドキャンペーンのらくだ2種は士気だけは高かったが、このらくだ騎兵は並の士気。直接殴り合うなら軽騎兵相手が関の山。~
らくだ騎乗の為脚も遅く、雇用維持費も640/225と安いとは言えない。マムルーク弓騎兵を使う方がよっぽど良いだろう。
**シブヤーン・アッカース [#rcd4b416]
&ref(sibyan_al_khass.png,nolink);~
上級射撃場(大城砦)から出る弓騎兵、厩舎系からは出ないので注意。~
マムルーク弓騎兵の上位…かと思いきや、実はそれ程変わりはない。と言うか既にマムルーク弓騎兵の時点で攻守士気ともに十分高い為~
あまり能力上昇が感じられない。近接APも失われているので、実力はトントンと言ったところか…~
城の建設に金をつぎ込むならまず兵舎を発展させて、アッハーカ歩兵を狙おう。
**ハセキ [#n0ffc51a]
&ref(khassaki.png,nolink);~
カリフの厩舎(大城砦)から王室マムルークと共に出る、新規追加の最精鋭重騎兵。~
…が、やはりマムルーク弓騎兵とシブヤーン・アッカースとの関係と似て、そんなに性能が違わなかったりする。~
数値の上では微妙に上回るが近接APが無い。突撃値は同じ5。コストは少し上昇して970/155。マムルークと違う雰囲気を味わいたい時に雇用するのも良いだろう。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS