&ref(spain.png,nolink);~
ゲーム購入時から使用可能なイベリア半島の国家。~
イベリア半島北部の首都レオン(大きな町)と、半島中心部の城トレドの2拠点から始まる。~

&ref(map_spain.jpg,nolink);~

イングランドと同じく何かと使いやすい重装長槍兵が出せない。~
ただし序盤には投槍兵や市民槍兵、後期ではパイク兵で騎兵対策は可能。~

ユニークユニットはイングランドのロングボウ系に対し、スペインは投槍系が登場する。~
投槍は射程が短く携行数も少ない(8発)が、クロスボウ並の威力とAP効果を持っている。~
また射程は短いものの投擲角度が高く前衛の直後から攻撃できるのも利点。~
投槍騎兵のジネテスは、高い攻撃力と機動力を備える全勢力中最強の序盤ユニット。~
接近戦も鎖かたびら騎士並みに強いので、ジネテスの運用がスペインの初期領土拡張の鍵になるだろう。~
逆には序盤ジネテス以外の兵種が凡庸なので、城攻め等では苦労する事も・・・・~
幸い周辺国のムーアやポルトガルも序盤の兵質は低いので致命的な弱点とはならない。~

長射程の弓歩兵は城塞の弓射撃場から出る大盾クロスボウ射手一択。~
スペインも城の拡張だけで(下馬)封建騎士は出るので弓系や特科の建築に資金を割り振って行こう。~
最終的には重装長槍兵のポジションをパイクが代わりに務め、剣槍弩騎兵特科とバランスよく強い軍隊が出来上がる。~
また、新大陸まで行けば強力な(下馬)コンキスタドーレが雇用できる。~

*戦略 [#bea1abfc]
城1大きな町1と、財政的に不安定な状況でのスタート。~
とにかく財政獲得の為に早急に動かなければどんどん他勢力に追い抜かれて行ってしまう。~
敵は一勢力に搾り、多方面を相手にしないよう心がけつつ、ジネテスの運用で敵の戦力を野戦で打ち破り~
城内に逃げる兵を少なくして、後の拠点攻めを有利に持ち込みたい。~
東のパンプロナ・サラゴサ・バレンシア、南のグラナダ・コルドバ、西のリスボンと3つのルートがある。
**反乱拠点の奪取 [#ya118af8]
イベリア半島は8つのエリアに分かれており、サラゴサ・バレンシアが反乱地域。~
位置的にポルトガルのパンプロナが最もサラゴサ(町・4部隊)に近く、すぐにポルトガル取られてしまう事がしばしば。~
サラゴサ-パンプロナラインを築かれてしまうと、攻めるのに難くなりがち(逆に戦力の分散も狙えるが)。~
なので、まずはレオンとトレドの兵をサラゴサに向けよう。こうすれば3方向からポルトガルの飛び地のパンプロナを攻撃する態勢が整う。~

一方、その南のバレンシア(木の城郭)は反乱軍の数が8部隊と多く、英雄エル・シッドが首領を務めている。~
エル・シッドは指揮能力も高く、なかなか配下が敗走しなかったりする。~
だが顔有りユニットの為寿命があり、40ターン目頃にはエル・シッドはこの世からいなくなり、バレンシアはただの兵の多い拠点に成り下がる。~
ムーアやポルトガルが攻めて領土を奪取する事もあるようだが、却ってその方が守兵が少なくなって攻めやすかったりする…~
イベリア半島の中でもアクセスが悪く、都市に転換したとしても貿易収入は貧弱な為、後回しでいいだろう。
**ムーアを攻める [#eefc8781]
正統な戦略方針、レッツレコンキスタ。~
…とはいえ、2拠点のみの状態から攻めるのはなかなか難しい。ルートとしてはトレドから兵を出してイベリア半島中央を横断しつつ~
コルドバ(小都市)を攻める事になるのだが、結構回り道で遠い。~
しかも見通しが悪いエリアの為、スパイなどを十分に用意しておかないと思わぬ軍の接近があったりする。~
初手からいきなり攻めるのはあまりお勧めできない。ムーアも同様の理由でこちらに来づらいので最初は放置でいいだろう。~
イベリア半島西には反乱拠点が無いので、領土拡張される心配も無い。先に東側から攻略して行くのが鉄板だろう。~
その際には後方監視の為に、見張り塔やスパイを西部方面に置いて監視しておこう。~

で、東側が平定し終わったらレコンキスタ開始となるのだが、ムーアの拠点はアフリカ大陸西岸のマラケシュとアルジェにもある。~
また、サハラ砂漠の奥深くのティンブクトゥにも勢力を拡大している場合があり、ムーアを速やかに滅亡させるのは難しい場合もある。。~
イベリア半島の領土を全部奪い取ったら、ジブラルタル海峡を封鎖して時間稼ぎをしよう。~
その間はポルトガルとの戦いに集中できる。~
ただ、船に乗って渡ってくる軍隊は止められないので注意。~

尚あまりにも長期間ムーアを放置しておくと、らくだ銃手や(下馬)キリスト教徒護衛兵など、やたらに強力なユニットを生産される可能性がある。~
アフリカには金や象牙もあるのでイベリア半島の制圧に目処がついたら、さっさと滅ぼしてしまった方が良いだろう。~

**ポルトガルを攻める [#i844c2b4]
同じカトリック教国の為、イタリア半島の方から停戦命令が来る事が多いが…~
ポルトガルは領土が分断されている為、非常に攻めやすい。~
が、さすがにパンプロナは城の為、城攻めの苦手なスペインは苦戦を強いられることになる。~
しかし城を抑えてしまえば、ポルトガルは強力な正規兵(主にジネテス)の供給能力を絶たれる事になる。~
強襲して獲らずに、包囲を続けて落城させるのもありだろう…わざと反撃を待って、城の外に出てきた所をジネテスで狙い撃ち、と言う手もある。~
少し腕前が必要だが。~

先に述べた通り、パンプロナのポルトガルの軍隊は、領土拡張の為にサラゴサを狙う事が多い。~
パンプロナ方面のポルトガル軍は、野戦軍3部隊を合わせると9部隊。サラゴサに向かったポルトガル軍を背後から襲って撃滅してしまう作戦も考えられる。~
野戦で壊滅的打撃を与えられれば、城に逃げ帰る兵も少なく、その後のパンプロナ攻めが楽になる。~
もしくは、急いでサラゴサを奪ってポルトガルをパンプロナに封じ込めるか…~

ポルトガルがサラゴサに向かわず北のボルドーにピレネー山脈を越えて進軍した場合、厄介な事になる。~
ボルドー・パンプロナの2城態勢を取られると途端に戦力が大幅Up…このような事態が起こる前に、ポルトガルの飛び地は早めに潰しておきたい。~
破門を恐れるのであればパンプロナ攻めは有る程度力が付いてからでも良いが、サラゴサは最低限奪っておこう。
**半島外への雄飛 [#ice8a7a7]
ポルトガル・ムーアを駆逐し、イベリア半島を掌握したら、ついに半島から打って出る事になる。~
ピレネーを越えて、フランスのボルドー・トゥールーズに攻込む最短距離ルートと、アフリカ沿岸を掌握しながらイタリアを狙う~
遠回りルートの2つが主に考えられる。~
***フランスルート [#t5b305b7]
ボルドー・トゥールーズと2つの城が行く手を阻む。まずこの二つを奪い取ってしまわなければならない。~
スパイなどで2つの城の兵力を調べつつ、同時に包囲してしまうのが好ましい。~
そして包囲が完成したら、なるべくすみやかに陥落させる事。フランスは北にもアンジェ・カンと城を持つ。~
モタモタしていると北からの援軍に悩まされる事になる…特にボルドーを優先して陥落させよう。~

首尾よく2城を手に入れたら、後はそこを拠点に北・東に伸びて行くだけ。~
北海貿易を狙い、フランス・イングランドと戦うか、イタリアを陸路で狙うかだが…~
後方の安全確保を狙うなら北に先に進んで、後ろの憂いをなくしたほうが良いだろう。~
***北アフリカルート [#dc11894f]
マラケシュをまず制圧した後、アフリカ大陸北岸を伝って東に伸びて行く事になる。~
と同時に、マラケシュから南下して秘境ティンブクトゥ(大きな町・7部隊)も手に入れておきたい。~
騎兵の部隊のみで移動力を最大限に生かして進軍しよう。拠点攻め用の歩兵は現地でスーダン部族民を雇えば良い。~
また若い商人を10人ほど連れて行こう。ティンブクトゥ・アルゲンには特産物が計10個。~
金や象牙、虜囚などいずれも高価値な物ばかり。~

アフリカ北岸を伝って東進すると、アルジェ・チュニスと拠点が現れる。~
ムーアが占拠していたり、シチリアが占拠していたり、時には教皇庁領だったり。~
ともかくここに陣取る勢力と戦う事になる。~
チュニスより先はトリポリだが、拡張はとりあえずここまでで良いだろう。ここから先は地中海に漕ぎ出て対岸を攻撃する事になる。~
まずはシチリア島を攻撃し、正規兵雇用の為の城パレルモを手に入れよう。~
そこから順次半島を侵食して行くが…せっかく手に入れた拠点を、海からの急襲で失ってしまう事がよくある。~
軍船に敵が大軍を載せて送り込んでくるのは目立ちにくい為、意外と気づきにくい。~
更に船はスピードも速く、海の上には見張り櫓も建てられない。これを防止するには多くの艦隊を用意し、領土の海域を警護させるしかない。~
逆に上陸される前に沈められればこれ以上の戦果は無い。~

順調にイタリアを侵食していければ、アルジェ・チュニス・パレルモ・カリアリ・アジャクシオなどの城系拠点は~
早めに都市に転換して、貿易の利益を出せるようにしておこう。~
ただし、強力な兵が雇えなくなるのも考慮に入れて、あらかじめ正規兵を多く残すようにしておこう。
*雇用可能な兵種 [#d57f360d]
**都市系 [#x37eefc0]
&size(12){※上位の建物を建てることで、下位の建物で雇える兵種の雇用速度(訓練待機リストに追加できる兵が増える数)が増加します。};
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|町&br;-|大きな町&br;市民兵|小都市&br;市民槍兵|大都市&br;クロスボウ民兵|巨大都市&br;-|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|夜警詰所&br;市民兵|哨兵詰所&br;市民槍兵|市衛兵舎&br;クロスボウ民兵|民兵演習場&br;民兵剣士|民兵舎&br;射撃手・パイク民兵|陸軍兵舎&br;火縄銃兵|王室兵舎&br;マスケット銃兵|
|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|-|
|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|大砲工房&br;大射石砲・オルガン砲|大砲鋳造場&br;カルバリン砲|王室兵器工場&br;バジリスク砲|-|
|-|港&br;コグ船|造船所&br;戦闘用ガレー船|大造船所&br;ランターナ船・ガレアス船|海軍大造船所&br;大キャラック船|-|-|
|-|-|石工ギルド&br;市民槍兵|上級石工ギルド&br;民兵剣士|石工ギルド本部&br;パイク民兵|-|-|
|-|-|-|サンティアゴ騎士団小修道院&br;サンティアゴ騎士|サンティアゴ騎士団大修道院&br;-|サンティアゴ騎士団修道院本部&br;-|-|
|-|-|商人ギルド&br;商人騎馬民兵|上級商人ギルド&br;-|商人ギルド本部&br;-|-|-|
※(下馬)コンキスタドールは新世界での「大きな町」以上から無条件で雇用可能。
**城系 [#tbad0037]
|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|BGCOLOR(WHITE):SIZE(12):150|c
|モットと柵&br;農民・ジネテス|木の城郭&br;鎖かたびら騎士|城&br;-|城塞&br;(下馬)封建騎士・農民弓兵・投槍兵|大城砦&br;(下馬)騎士道騎士|高等建築&br;-|先進建築&br;-|
|招集所&br;農民|守備隊兵舎&br;投槍兵|演習場&br;アルマガバール|兵舎&br;-|武器庫&br;丸盾剣士|-|-|
|-|厩舎&br;ジネテス|騎士厩舎&br;鎖かたびら騎士|男爵厩舎&br;封建騎士|伯爵厩舎&br;騎士道騎士|-|-|
|-|弓師&br;農民弓兵|射撃訓練場&br;農民クロスボウ射手|弓射撃場&br;大盾クロスボウ射手|上級射撃場&br;騎馬クロスボウ射手|-|-|
|-|-|バリスタ工場&br;バリスタ|カタパルト工場&br;カタパルト|攻城兵器工場&br;トレバシェット|-|-|
|-|-|大砲鍛治&br;射石砲|大砲工房&br;大射石砲・オルガン砲|大砲鋳造場&br;カルバリン砲|王室兵器工場&br;バジリスク砲|-|
|-|港&br;コグ船|造船所&br;戦闘用ガレー船|大造船所&br;ランターナ船・ガレアス船|海軍大造船所&br;大キャラック船|-|-|
|-|-|-|サンティアゴ騎士団小修道院&br;サンティアゴ騎士|サンティアゴ騎士団大修道院&br;-|サンティアゴ騎士団修道院本部&br;-|-|
※(下馬)コンキスタドールは新世界でも、城からは雇用出来ないので注意。
**ユニーク建築 [#f69e7e60]
-陸軍学校(巨大都市)/王立士官学校(高等建築)~
…テルシオパイク兵/ジャンダームが雇用可能になる。~
 他にも、ここで待機すると「有望な戦術家(奇襲時指揮+、視界の増加)~」・「軍事学校で訓練を受けた者(指揮+)~」が付く事がある。
-闘牛場(小都市)~
…ジネテスが雇用可能になる。~
 他にも僅かに治安・人口増加ボーナスがあるが、建築立ち会い・待機で得られる特性・従者は無い。
-ジョウスト場(城塞)/トーナメント場(大城塞)~
…騎兵の初期経験値に+、トーナメント場は僅かに治安と人口増加率にボーナスがある。~
 待機時低確率で「馬上試合の新参者(騎士道+)~」が育つ、高レベルでは騎兵への士気や権威にも+。
*ユニット紹介 [#d0e0d755]
**ジネテス [#hf629e41]
&ref(jinetes.png,nolink);~
木の城郭以上の城、都市でも闘牛場を建設すれば出せるスペイン・ポルトガルを代表する兵種。~
投槍騎兵というややクセのある兵種だが、しっかり運用できれば非常に強力な戦力となる。~

投槍は射程は短いものの、AP効果と後方に回り込める機動力で重装備の敵にも効果がある。~
また小盾と中程度の鎧を装備しており、白兵戦でも鎖かたびら騎士並の精強さを誇る。~
ランスが無いので突撃は脆弱だが、快速なので敵騎兵の追撃も可能と攻守走揃った騎兵。~
しかもキャンペーン開始直後から雇用できる上に、費用も(520/175)と序盤でも運用しやすい。~
城・都市のどちらでも雇用可能で、補充が容易な事も地味だが運用上のメリットとなる。~

重騎兵や重歩兵など、接近戦が強力なユニット相手には後方から投槍。~
軽歩兵や弓兵など、接近戦の脆弱なユニットには後方から突撃。~
特科や攻城兵器の制圧、敗走する敵の追撃、隘路での近接支援まで可能。~
使い方さえ間違えなければ、ほぼ全ての戦場で活躍できる万能騎兵である。~

苦手なのは弓騎兵とロングボウ兵や下馬ドボル騎兵などの白兵戦まで強い弓兵。~
これらは大盾クロスボウ射手などの別ユニットで対応させよう。~

さすがに城攻めではその効果は薄れるものの、序盤ユニットとしては驚異的な能力。~
序盤のスペイン・ポルトガルは、このユニット頼みで野戦中心に戦っていくと良いだろう。~

**投槍歩兵系兵種 [#q83ec900]
&ref(javelinmen.png,nolink); &ref(almughavars.png,nolink);~
並の投槍歩兵である「投槍兵」と上位の「アルマガバール」~
いずれも城系からしか出せない兵種である。~

「投槍兵」は守備隊兵舎(木の城郭)または城塞があるだけで雇用出来るようになる。~
馬から降りたジネテス…と思いきや、大幅に戦力がダウンしており、攻守において貧弱。~
その分雇用維持費も安く(270/100)多数維持のしやすい廉価ユニットである。~
直間両用のユニットである為、前列で防衛欄を組む事も出来るし、後ろから投槍を投げさせて援護をさせる事も可能。~
だが戦闘能力としては民兵に毛が生えた程度であるので、正規兵ほどの働きは出来ない事に留意しておこう。~

「アルマガバール」は演習場(城)から出せる強力な投槍兵、同兵種では全勢力最高ランク。~
攻撃力が大幅に強化され、数値で見ると直/間とも投槍兵の倍の13/12。守備力にはやや不安が残る。~
(ユニットカード等には表示されないが、戦場ではしっかり小型盾を持っている)~
とても高い士気を持ち、なかなか敗走しづらくなっている。城塞が出るまでの下馬封建騎士の代替として~
拠点攻めの先陣を切らせるなどの戦法にも使える。~
やはり真髄は、強力な投槍攻撃であるのだが…色々と使い勝手の良い兵種。~

|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):150|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|兵のステータス|構成人数|直/間攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気|雇用費|維持費|雇用建物|備考|
|&ref(javelinmen.png,nolink);&br;投槍兵|120|6/6|1|0|3|3|3|270|100|守備隊兵舎&br;(木の城郭)&br;城塞|直接攻撃が&br;対騎兵ボーナス有|
|&ref(almughavars.png,nolink);&br;アルマガバール|120|13/12|4|0|5|3|11|640|150|演習場&br;(城)|とても持久力が高い&br;直接攻撃が&br;対騎兵ボーナス有|
**剣盾兵種 [#r538bf19]
&ref(swordsmen_militia.png,nolink); &ref(sword_and_buckler_men.png,nolink);~
民兵剣士と丸盾剣士の、2種類の剣盾歩兵が下馬封建騎士系とは別に、スペインでは雇用可能。~
しかし惜しむらくは建築にどちらも一定以上の投資が必要で、下馬封建騎士が先に出てきてしまう為存在価値が少ない事。~
民兵である民兵剣士は勿論、丸盾剣士でも同程度の戦闘能力であり、優越するのは維持費位なので…~
別に脚が速いと言うわけでもない。~

民兵剣士は投資は必要だが、無料維持が可能で市民槍兵と比べると断然質が良い。~
ただし、騎兵に対しては槍持ちの市民槍兵の方が有用になる。~
民兵剣士自体の性能は、正規兵一歩手前と言う素晴らしさ。士気は低いが攻城戦などのタフな場面にも使えるだろう。~

丸盾剣士はほぼ下馬封建騎士の代替ステータスを持つ兵種。~
しかし大城塞の武器庫が必要で、相当に建築費が嵩む。~
維持費が150と、丁度イングランドの重装剣士のように廉価維持ユニットとして使えるが…~
そこまで持っていくのに大量のコストが必要になる為、趣味的でないと難しい所だろう。~
新世界に行くなら、下馬封建騎士より彼らの方がシーンには合うが。
|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):150|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|兵のステータス|構成人数|攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気|雇用費|維持費|雇用建物|備考|
|&ref(swordsmen_militia.png,nolink);&br;民兵剣士|120|11|2|5|7|6|5|400|100|民兵演習場&br;上級石工ギルド&br;(大都市)|無料維持可能|
|&ref(sword_and_buckler_men.png,nolink);&br;丸盾剣士|120|13|3|5|8|6|9|540|150|武器庫&br;(大城塞)|持久力が高い|
**テルシオパイク兵 [#bf91e171]
&ref(tercio_pikemen.png,nolink);~
巨大都市の陸軍学校から出る、上級パイク兵。~
パイク民兵(巨大都市・民兵舎)とは一線を画す強力さで、高い攻撃力と士気を持つ。~
…が、守備力は鎧と盾を身につけない為めっぽう弱い。弓兵排除は必須。弓騎兵にも弱い。~
回避能力も低く、パイクの壁を崩された後の乱戦も、どんどん数を減らされる。~
維持費は安いので、大量に用意しておいて、パイクの壁の後ろにさらにパイクの壁を用意するなどの対策が必要になるだろう。~

スペインは後述のマスケット銃兵とこのパイク兵のコンビにより、パイクアンドショットが可能。~
使い方は難しく、マスケットは火薬登場以降となるが…~
この戦術を楽しみたいのなら、城系建築で無く都市系の兵舎の発達が必要になる。~
内陸のあまり貿易の旨味の無い都市を、兵舎発達用の拠点にしてしまうのも悪くない選択肢である。
**マスケット銃兵 [#c621aacd]
&ref(musketeers.png,nolink);~
南欧系(スペイン・ポルトガル・ミラノ・ヴェネチア)そしてロシアとトルコで雇用出来る、長射程の火縄銃兵。~
通常の多くの勢力で使用できる火縄銃兵が射程120mと短いのに対し、こちらは180mと上級の弓兵より長くなっている。~
バリスタと同じ射程で、さらに銃弾の威力も上級のクロスボウ並みの14、AP属性付き・火矢以上の恐怖効果と超強力。~
残念な点は、連射能力がクロスボウより更に悪い事と、曲射が全くできないと言う事。~
急勾配があればかなり有用、逆に平原では敵に接近されるまでが活躍の場となる。~

前述のパイク兵との組み合わせで、パイクの槍の中から銃弾を発射すると言うパイクアンドショットは有名な戦術。~
しかし延々敵を止め続けられると言う程パイクの壁も強力で無く、いつかは壁が崩され槍衾の保護も得られなくなる。~
マスケット銃兵の退避が安全に出来る…位に考えておけば、損をする事は無いだろう。~

雇用には先進建築である「王室兵舎」が必要。最大級の建築コストが嵩む…~
その為、後期からの登場ユニットになる。~
使いたければ火薬登場前に、都市の兵舎を発達させておこう。どこか一つの拠点に絞って発達させた方が良い。~
(と言うか、複数建築する国庫の余裕はないだろう…)
**ジャンダーム [#h0d129f0]
&ref(gendarmes.png,nolink);~
フランスと同じく、王立士官学校から出せる重騎兵。~
盾を持たない鎧が強力な重騎兵で、都市から出せるのがポイント。~
攻撃力は最高級の重騎兵に一歩及ばないが、突撃力は最高級。~
まぁ、王立士官学校が作れる程発達した拠点は、既に前線から遠い後方拠点になっている為あまり出す意味が無いのだが…~
維持費も多くの重騎兵より高い320、金食い虫である。~
彼らを雇用・野盗対策に常駐させるなら、サンティアゴ騎士団を誘致した方がコスト的にも大幅有利。~
士官学校系があれば、駐在将軍に指揮+の特性が育ったりするのだが、それは戦闘に勝利することで上げた方が早いかも…
**下馬騎士道騎士 [#bdb66e81]
&ref(dismounted_chivalric_knights.png,nolink);~
大城塞があるだけで出せる、重歩兵。~
下馬封建騎士と殆どステータスや雇用維持費が一緒、違う点と言えば「走るのがちょっと遅い」位か。~
丸盾剣士と同様、城塞があるだけで出せる下馬封建騎士に完全に役を喰われてしまっている。~
ただ、性能としては変わらず、発展で自然に出せるようになる兵種なので~
「下馬封建騎士の雇用可能数が2倍に増えた」と言う考え方も出来無くは無い。~
**サンティアゴ騎士 [#y8ee68f4]
&ref(knights_of_santiago.png,nolink);~
スペイン(とポルトガル)では、テンプル・ホスピタル騎士団の誘致が出来無い代わりに、このサンティアゴ騎士団の誘致が可能。~
やはり最高級の能力を持ち、早ければ小都市から雇用可能になる便利兵種。~
だがスペインも成長すれば騎兵大国になり、サンティアゴ騎士団と同等の能力の「騎士道騎士」が大城塞があるだけで出せるようになる。~
この為イングランドの様に、大城塞の出揃う後期からはサンティアゴ騎士団の積極的な誘致は必要性が薄れる。~
都市に設置する意味は有るが…ホスピタル騎士団小修道院のように、人口増加率ボーナスが無いのが残念な所。~

また、他の修道院系騎士団に比較して「砂漠の戦闘が比較的得意」「熱の影響を受けにくい」と言う利点がある。~
これは、他の南欧系兵種全般に言える事だが(暑い気候に慣れている為か)。
**(下馬)コンキスタドール [#vf285d47]
&ref(dismounted_conquistadores.png,nolink); &ref(conquistadores.png,nolink);~
「新世界」でのみ雇用可能なエリート兵種。~
すなわちカリブ・ミコスキー・トラスカラ・チョルラ・テノチティトラン・フォルタレザのみで雇用可能。~
騎兵・歩兵共に「大きな町」以上で出せる。城系に転換してしまうと出なくなるので注意。~

騎乗・下馬共に戦闘能力は超一流で最強クラス。~
騎兵は最上級の重騎兵並の攻守突撃に加え、なんと中速であり機動的な攻撃が可能。士気も高い。~
雇用維持費共に高いものの、新世界では敵騎兵やパイクなどの脅威が一切無い。~
彼等の突撃の障害となるのは鬱蒼とした大自然くらいのものである。~

歩兵は下馬封建騎士を凌駕する攻撃16総防御22。マスケット銃並みの攻撃を繰り出すのだ。~
新世界で機会はそうそう無いが、なんと鎧は更に1段階UGできる。~
しかも維持費は民兵並の150。~
下馬騎士、下馬キリスト教徒護衛兵をわずかに超え全歩兵中最強と言っても良いだろう。~
真正面から同数でぶつかって勝てる歩兵はいない。~

どちらも本土の方で雇用出来ないのが非常に悔やまれる兵種…~
一応、アメリカで雇用して船で連れ帰ってくると言う使い方も出来無くは無いが、移動だけで10ターン以上掛かってしまう・・・~

アメリカ征服の難易度を大幅に下げるおまけユニットとして割り切るのが一番だろう。~
軍隊を全て彼らで構成してしまえば、土着傭兵を雇用する事も必要無く、また本土から強力な兵種を連れてくる事も無く~
新世界の制圧を出来てしまう事だろう。
|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):150|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):70|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|BGCOLOR(WHITE):CENTER:SIZE(14):100|c
|兵のステータス|構成人数|攻撃力|突撃力|鎧|回避|盾|士気|雇用費|維持費|雇用建物|備考|
|&ref(dismounted_conquistadores.png,nolink);&br;下馬コンキスタドール|120|16|3|7|9|6|11|690|150|大きな町&br;(新世界)|とても持久力が高い|
|&ref(conquistadores.png,nolink);&br;コンキスタドーレ|80|13|6|7|6|4|11|880|250|大きな町&br;(新世界)|とても持久力が高い&br;中速|

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS